2006/2/15

本当に スカイロケットだった。(T_T)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★朝の空気も清々しい中 届いたばかりのマルサン/ラベールのダグラスのロケット。1/24記事にて1974年製造の品を紹介しましたが今回はもっと前のマルサンとラベールの提携時代のものです。見かけた都合でなにげにツーショットさせようと気軽に買い求めたのですが思いもかけず高額になってしまいました。まさに天井知らず(スカイロケッッ)でありました。(泣)これもマルサンなら極端に珍重するという風潮のせいかしら?
クリックすると元のサイズで表示します
▲裏面はいわゆる初期マルサンの特徴であるリンドバーグ社をまねた透明の窓が開いています。
クリックすると元のサイズで表示します
▲こんな風に手に取っていると程よく古びた風情が気分を良くしてくれます。長い間倉庫に入っていたらしく陽の目を見るのは数十年ぶりでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
▲箱の横にはノーチラス号のイラストですがラベールの商品番号が振られています。しかしマルサン版のスカイロケットのキャラメル箱にはART.NO.7053とあるのでマルサン商店製 つまり ラベールのノーチラス号をコピーした国産ノーチラス号のプラモも同時に発売されていた事でしょうから なんともおおらかな時代だったのですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ