2006/3/26

ラベール 初モノ! 二個きました。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★海外コレクターさんとの交流の中で実現しました。(てゆーか実態はショップの人でした。笑)オーロラ社最初のプラモデルであるF-90(初期箱)を譲ってあげたらとても喜んでくれ、この機会に交流を図ってみました。欲しかったモデルを二個から三個あげて譲ってもらいましたが...めちゃくちゃ高い!!フツーさあ日本人なら気を許してお友達価格と行くところなのですが...めちゃくちゃ高い!!まあ割り切る国民性なのでしかたなしぃとしましょう。(;_;)日本人の私らの精神年齢は彼らから見たら12歳なのでしかたありません。
クリックすると元のサイズで表示します
●マルサン商店が最初にプラモデルを開発したときに参考にしたという原子力潜水艦ノーチラス号。昭和30年代初頭に石田社長が日本に持ち帰ったのはコレと同じ品でしょう。(燃料タンクや巡航ミサイルついてるやつでしね)...
クリックすると元のサイズで表示します
▲今の目でみたらなんのことはない つるっ!としたあっさりキットなのですがなんでもその世界のパイオニアというのは大変な事なのですね。
クリックすると元のサイズで表示します
▲もう一つはX-3スティレット(短剣)実験機。1960~1970年代のものであればゴロゴロしてて私も買ったり売ったりしてましたが1950年代の物となるとなかなかでません。当時の箱絵の素晴らしさが人気の秘密かもしれません。このスマートスタイルが超兵器ぽくて好きです。超科学的なスタイルに似合わず実際はエンジン関係でこけてしまいその可能性が発揮できなくて残念な機体です。得られた実験データは後のF-104に活されたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
中身はさすがに金型の傷む前ですからバリもなくすっきりしています。パーツがバラバラバラなのが向こうのキットの特徴ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

▲ノーチラス号初版と一緒に記念撮影。上から初版、二版、X-3初版箱の順 ほかのレベル製モデルも一緒に並べようと思いましたが引っ越しの余波で文字通り発掘しないと行けないので今回は断念。
クリックすると元のサイズで表示します
▲ワクワクする少年の表情が素敵です。私もカタログ送ってもらいたくなりました。フューチュラがあるバイソン爆撃機がある,,,うっとり。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ