2006/11/3

蛇の目の飛行機  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★まさご屋の薄暗がりの中で見つけた時SFモデル???と思いました。鰹節のような胴体に もこ もこ もーこ のキャノピーに ぶんぶんまわる二重反転ターボプロップがチャーミングです。50年ぶりのモデル化で世間をかまびすしくさせているラッパのマーク社製の方を買おうかな?と思いましたがやはり新しいモデルよりも先にご先祖の基本を押さえてから買わないと...

これを機会に50年代発売の初版箱FROG製のもまたさがしてみましょう。(海外だとちゃんと完品が出てくるので驚きです。)やはりそのヒコーキが現役時代の時に発売されたキットを選ぶ方が時代の空気を感じるてゆーか いいです。 あっ コレクターではなくてプラモ作る人は違うかなあ
クリックすると元のサイズで表示します
▲二重反転プロペラ二種類
クリックすると元のサイズで表示します
▲国産のハセガワキットも海を渡ってイギリスで売られる事に...イギリス人画家が日本機を描くとこんな感じ。1970年代初頭の出来事だと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ