2005/4/10

Mig25事件の残したものの巻  プラモデル

★函館に”着陸”したMig25ベレンコ機ですが結局米軍技術部隊(通称ミグ屋)と自衛隊の手によって分解調査の上その年のうちにソ連の貨物船に積まれて祖国に帰って行きました。パイロットのベレンコさんはアメリカに亡命がかないました。残された日本政府はといいますと防空体制の強化充実に大騒ぎ。結局レーダー背中に積んで空を飛ぶ早期警戒機のE-2c導入とかF4EJファントムに替わって米国の最新鋭機F15イーグルを奢る事になりました。画像は翼端の形状が違う試作型のF15イーグルと後にプラモの金型自体が修正され発売された量産型F15イーグル。
クリックすると元のサイズで表示します
■量産型F15の箱
クリックすると元のサイズで表示します
■試作型F15の箱
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ