2007/10/31

バトルシップ Nagato  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します


★なつかしやなつかしや 小松崎茂 画伯の箱絵も勇ましい 旧日本海軍の連合艦隊旗艦 戦艦 長門でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

箱は傷み気味なのですが中身はしっかりしていました。長い事 異国の模型屋の倉庫にしまわれていたのでしょうか?数十年ぶり日本に里帰りであります。

このニチモの艦船シリーズは小学生の頃 おもちゃ の かねます のプラモデルの棚に売れ残っていたのでよく作って浮かべました。だいたい重巡洋艦クラスの摩耶とか鳥海とかでしたね。大和なんかの大戦艦はたいてい売り切れててなかったもんね。すこし後の時代になってHJなんか読み始める頃になると売れ残りの商品の中にタミヤのT-55(リモコン?ゴムキャタ)とかT-10スターリン戦車(ゴムキャタ)がある事に気がつき早速買いにいったものでした。(読者交友欄てありましたね、あれコレクションには重要な情報源でした。)当時はキャラクター物よりもこのような戦車や飛行機が好まれたのです。HJでアンティークセレクションが連載されると急激にキャラクター物の株が上昇してゆきました。

猫が洞にしてみるとプラモデルは 誰かに売る とか 誰かと交換する アイテムとしてある時から存在していたので今の子供のカードコレクションみたいな性格をもった趣味なのでした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ