2008/6/6

超音速の▲翼  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します★イギリスの超音速実験機です。フロッグ倒産直後に金型の流れたノボ版で何個か作りましたが今回はフロッグ社の本家筋のものを買いました。これで一安心。後ろに写るロケットみたいなのも(フェアリーデルタIIの箱に隠れているのですがロケットみたいな形してます。) トリデント実験機。ファクトリーシールありを長い事持ってましたが売り払ってしまいましたので少々後悔してましてついついで買ってしました。日本じゃこの辺りの実験飛行機は興味引く人はあまりいないのですかねぇ?誰とも競る事なくすんじゃいました。(^^;)私は零戦やメッサーシュミットなんかにくらべたら数倍も興味引きますけどね。クリックすると元のサイズで表示します

▲既出ですが数年ぶりに箱あけました。SR53ロケット実験機 普段はフロッグのTa152の空き箱にしまってあります、フロッグの空箱はビニルバッグ形式のプラモしまうのに収まりが良いのです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ