2008/7/8

スーパードルフィーて何??  "TUMA"補完計画

クリックすると元のサイズで表示します

▲私のボークスのイメージって ゆーと 模型雑誌の広告のこんな感じなのだが ここ30年の間にかなり様変わりしたようなのです。↓↓↓


クリックすると元のサイズで表示します

▲スーパードルフィー というのだそうだが ピースコンとガレージキットで商売してると思っていたら今や アニメ顔の人形達に主力商品が様変わりしておりました。これが いまのボークスの姿か???

某嬢>で ね 今 私これ作ってるの!(携帯の画面見せてくれる)エアーブラシでやってんのよ。18年ぐらい前の アニメで 不思議の海のナディア って知ってます?あのノーチラス号! 古いキットだから改造する事もなくてフツーに組み立ててるのよ。 ナディアの小さいフィギュアもついてるんだけど顔がね こんな風に(手のひらで自分の顔をつぶしてみせて)長細くなってなってるのよ。できわるぅ。 で...

猫が洞>ノーチラスは確か一回沈んで ニューノーチラス号が出たよね。

某嬢>そうそう あの 空飛ぶ ニューノーチラス号欲しいなあ...あれ エクセリヲンて名前でしょう。トップを狙えの エクセリヲンに つうじてるのよ。

猫が洞>アニメのトップを狙えは今でもよくみるよッ!ナディアのニューノーチラス号だけど 元ネタはムーンライトSY-3号という飛行メカニックらしいんだよ。庵野さんの趣味らしいよ。

某嬢>へぇえ そうなのぉ あの人好きだもんね 特撮が...

猫が洞>(@_@)(げ〜っ 話題についてきてる!まさか 女の子の口からこんな話が...)

某嬢>ボークスってしってる?大須にあるんだけどさあ あそこで スーパードルフィーてのにも手を染めてるんだ!これが限定限定の嵐ですごい高いの!オークションでも倍ぐらいになっちゃう。小さなウイッグの固まりで4~5000円もしたりして はまると何百万円も使っちゃう。京都のボークスにも行ったけど まるで美術館みたいなのが建ってる。エヴァンゲリオンの影響で女の子たちもスーパードルフィー買う子多いよ。女の子だから人形に施すお化粧もお手のものだしぃ あっ 若い男の人もうまいよお化粧。このシリーズで 綾波レイ も限定で出たのよ。

猫が洞> ほぉ スーパードルフィー?初耳。 ボークスなんてピースコンの会社だと思っていたけどいつの間にこんなことを?私もプラモデルたち買い集めてるけどやはりおなじように相当な金額費やしてるなあ。

某嬢>そうね 前はボークスもファイブスター物語とかやってたけどね ところでプラモデルって どんな分野?

猫が洞>あ 飛行機とか戦車とか SFキャラかな?

某嬢>ああ わかるかわる。プラモといえばガンダムのマスターグレードももう五回ぐらい作り直されてるのよ、最初のカトキバージョンVer1.5がでたなとおもったら最近プラモ屋さんいったら もうVer2.0だって。

猫が洞>カトキバージョン! ガンプラはエルメスやザクや初期のガンダムぐらいならまだあるよ。(女の子からガンダムプラモ話題で盛り上がるとはびっくり!)

某嬢>ああ エルメスの箱!残ってれば高いよね、サザビー も版権ヤバいよね。


とかとか話しながら ブラとる(おっぱい ぷりん!)
とかとか話しながら ひもパンティそっと外す(ぱらっ)

人形、模型の話も楽しいけど なし崩しに起動実験に移行しちゃいましょう。腰の辺りに手がのびてきて探り当てたエントリープラグに吸い付く某嬢!おお この娘は攻めるタイプなのね。(^^;) 

私もお返ししてあげましょう、反撃。

某嬢>あううう ここよ ここ いやらしいここに... aaa

で リクエストに応えてエントリープラグ挿入、A10神経系接続... シンクロ率良好。

交合後 おっぱい枕はいかが?とか いわれながら 抱きしめられながら寝る。(退廃的だ)

猫が洞>君 胸きれいだね。
某嬢>重力に引かれないようにブラできゅっとあげてるのよっ。
猫が洞>女の人も大変だな 重力に引かれるからな(ガンダムネタを楽しみながら汗ばんだ胸にほほ押し当ててさらに交合の余韻を楽しむ)

分類はモデラー腐女子?とでもいうのか? 女の子で モデラーてのははじめて遭遇しました。びっくりです。することもちゃんと大人だし感心する事しきりでした。

スーパードルフィー 調べてみるとちゃんとしたカテゴリーで確立しているのね。ホビージャパンでも特集がくまれていたりして 教えてもらうまで全然知りませんでした。メイクを施す関係でエアーブラシの技術は必須、日常的にエアブラシ使う工作も当たり前なんですな。


>>スーパードルフィーの世界
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ