2009/2/8

wako~ 和工樹脂株式会社  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲なかなかお目にかかれない和工の商標つき製品です。入手はオークションですが50年の歳月の間にパーツが失われたのでこの出品は皆の関心を多くは呼ばなかったようです。車は門外漢なのですが日本プラ模型史上創成期の謎多き資料としてしばらく手元においておきましょう。

マルサン商店に商品をOEMしていたのがいつまでだったのか不明ですがマルサンと縁が切れてしまってから自社ブランドで発売した時期の品でしょうか?技術はマルサンのそれよりも優秀だったと製品を手にして思います。箱を裏返すとシースルーのセロビジョン箱とちりばめられたプラキットの文字,,,まるでプラモデルと書きたかったけど書けない事情があるんだよぉ と叫んでいるようです。箱のカラーデザインなどマルサン商店の影響が濃いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
▼こちらは ワコー ダットサン1000 箱のどこにもメーカー名は無くて和工樹脂株式会社の名前は組み立て説明書の裏のゴム判のみ(潜水艦はニチモの伊号)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
▲接着剤のアンプルの中身は液状でまだ使えそう。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ