2010/7/17

カプロニカンピーニ その後  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★デルタ社のカプロニカンピーニに心当たりのある方は...で始まる 伊太利亜/英文メールや日本文メールを10通近く出したことだろう。コレクター氏から そんなに探求しておられるのならということで太っ腹なお話をいただきまとまりました。ありがたい。<(_ _)>

この飛行機 野暮ったいスタイルなんですが 見てるうちにある美しさが見えてくるんですよね。ノーズのあたりから主翼にかけてのラインとか 厚ぼったい主翼とか...ジェットノズルのボテっとした感じとか?

そうね 熟女のすこし崩れかけた しかし 色っぽいボディラインに通じるところがあると思います。(たとえが悪いが)
今度うちにきた個体は 薄茶色のプラスチック成形されてます。海外のサイトではやはりこれと同じ成形色で画像がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃ これはなんでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します


デルタ社の成形プラスチックは粗悪で切削すると輪ゴムやら黒い汁やらがでてきて...>あるベテランモデラーの方からの情報。

だそうですが... 成形色に茶とグリーンがあったんですね。ちなみに 有名な付属ブックレットはこれ
クリックすると元のサイズで表示します

グリーン成形色には これは付属してない、たまたま失われた個体だったのか不明(ショップで購入したのだが??)

クリックすると元のサイズで表示します

ブックレットがない代わりに一枚のラインナップカラーカタログがついている。

デルタ社のカプロニにも 生産時期による前期後期の違いがあるんでしょうかね?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ