2013/5/26

マルサン商店 ナメゴン(何匹目かな?)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★もう これで生涯で何匹か目のナメゴン怪獣です。たぶん この仔は4匹目??(ブログを丹念に振り返ればわかりますけどね。)ウルトラマンブリキバケツの中におくと やたら ”似合う”...(にやり)この仔 が第一期なのか第二期なのかはどーでもいいです。とにかくかわいいし ようやっと家にきてくれた事でもうよいのです。背中のぶつぶつに銀塗装してあるので1.5期?? 昔 持っていた 背中に銀がされてない個体がおそらくナメゴンの最古モデルでしょう。アレはよかった。(なんといっても 人語を解したのだからな、あのナメゴンは...)また機会があればあの無地ナメゴンにまた会いたいなあ。元気してると思うが...

ところでネットでナメゴンについて検索してみるのだがなかなか情報が無い。その昔は”この個体のナメゴンはごく初期のものですね、ひげラインが長いの短いの、目玉がどうのとうんちくを語ったサイトがあったと思うのだけれどもおそらく復刻ナメゴンやブルマアク魂などのまがいもの品が登場したおかげでいわゆる”デブリ”にかくされてしまってほんとうに欲しい情報に行きつけないのかなあ?たいていナメゴン買い取りますのショップ広告、またはナメゴンの値段の高額さを嘆いて”買えない”で結ばれているページばかり。嘆いていないでほんとうにあなた方は本物のナメゴン欲しくないのか?
クリックすると元のサイズで表示します
★原型製作者の意識に潜在する二つ目玉のBEMがこのナメゴンという形になって現実世界に形となって飛び出したと思える造形だ。たぶん原型製作者は安物の洋物SFペーパー雑誌を日頃から眺めていたのではないかな?
またたぶん売ってしまう事が予想される自分でもあるけれどもいまはこうしてまだ手元にある幸せ。(苦笑)
あとは風船ゴジラだな。(またまた難易度高い〜)
0

2013/5/23

グンゼレベル Me262  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★あー また ベタなキットを買ってしまいました、レベルのMe262です。しかも1/72をコレクションしてるくせに1/32スケール。多分 一生買う事は無いだろうと思っていたキットなんですが私という人間が年を取ったのでしょうかねぇ。いままさにスピードに乗ってB-17に襲いかからんとするMe262の瞬間を切り取ったボックスアートが急にビビン!と来ちまったのですね。絶版キットハンティングに出ていた1980年代模型屋を覗くとグンゼレベルの1/32プラモの売れ残りに遭遇しました。零戦、スツーカ、Mig21、複座夜戦のMe262などがお決まりのように模型店の薄暗がりの中でぼーっと積まれていたもんです。いざ40年も経過して手のしてみると ”あれ” 垂直尾翼のスワスチカがちゃんと無い!(気がつかなかった。)あれれ 以外と箱が小さい。こんな大きさだったかなあ?もっと大きな箱と認識していたのですごく意外です。発売は1971年です。マルザン怪獣の売れ残りがまだまだお店にはあった事でしょうね。しかも捨て値でバーゲンチラシに載ってたりしてね、このMe262をまさか組み立てる事は無いと思いますが一回ぐらいセロハンテープ接着でもいいから組み立てちゃおうか?でもホークの1/48 P-51Dもまだ土の字にもしてないしなあ。 しばらく箱絵を見て悶々としますかねぇ。あと30年ぐらいはこのまま...
0

2013/5/22

模型歳時記  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★これも買った。。。(^^) 1990年代の後半にインターネットでたびたび氏のコラムを読んでいたんだけれどもいつの間にか見かけなくなってしまっていた。閉鎖したのか移転したのかなんなのか調べる事無く10年は過ぎてしまってたがなんかゆとりの持てる氏の文体が好きでなんどもなんども訪問していたので 見つからなくなったときには一抹の寂しさを覚えたもの。こうして本の媒体で手元に置けるのはありがたいがWebで挿こまれていた画像が無いのがちょっとさびしかったな。
0

2013/5/16

創世紀のガレージキットの本!!  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★先日 ジロ吉という方のTwitterで発行を知ってあわてて四方に手を回すもたいていがSOLD OUT やっと見つけてカートに入れると次の瞬間 売り切れの表示が...LASTONEを入手。

白い表紙にストイックにミラージュ機体てのもしびれる。(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します
★表紙をめくると血液が沸騰する!もうこの辺りでノックダウンだろう。1980年代初頭は思い出がありすぎて活字を追えない。この時代に直接触れていた誇りとエネルギッシュな当時の熱気の記憶がそうさせるのであって猫が洞自身はまだついこの間の気がする。 

この本をながめているだけで私はここにいたのだ感がハンパない。

内容については 皆さんの読後の感想に任せましょう。30年以上経過してこのような本の出版されるとは素晴らしいアーカイブになると思う。

ところで Amazon では扱ってない。出版社がそもそもそちらのルートでは卸してないのかもしれないね。

1

2013/5/10

HiMAT きたー!(≧∇≦)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★今帰りましたら ポストに小さな小包が入ってました。 えへへ ミュロックモデル製のレジンキットきましたよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
↑これは実機ですがネット検索すれば他のアングルからのもわんさかあります。名前から予感する通り航空機の高機動性追求のための飛行モデルです。YouTubeを検索したら実機映像ありました。70年代風味の何とも言えないフィルムの青い空がそそりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
実機↑ぎゅゅゅゅゅーん て感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します
あははは 小さすぐる!機体。1/72スケールはうれしい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まさか作る事は無いだろうが 棚にしまっておこう。

まだ手に入るならF8Uクルーセイダーのスーパークリテイカル翼とか ほし〜。

でもまあ キャラものし好な読者の方々にはつまらない記事でした。こーゆー試作品に萌えなきゃ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ