2013/7/30

何年かぶりの ゴアゴンゴン  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

本屋さんから帰ると 荷物がきました。久々の ゴアゴンゴン(ゼンマイ歩行)。

クリックすると元のサイズで表示します
グレーのモールド色で荒削りな鱗表現をみると クラウンらしいなあ とおもう。
クリックすると元のサイズで表示します
昭和らしい 組み立て説明書。 しかし ゴアゴンゴンの表記がなければ UMA なぞの巨大竜 みたい。(^^)
クリックすると元のサイズで表示します

外国製のプラモデルでゼンマイで歩くなどのギミックは聞いたことがなくてやはり 日本のお家芸でしょう。
1

2013/7/13

今日のハナンツ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★デルタ社以来 数十年ぶりに カプロニカンピーニN.1模型化です。まさかいまさらこんなのだすとはおもいませんでしたけどねぇ。せっかくだからデルタのと記念写真。箱開けて見てみましたが デルタ社のと出来具合はかわらない感じ。手に入れやすくなったのとデカールが使えるのが取り柄ぐらいか?デルタ社のように豪華なカラーブックレットはついていないけど...デルタのカプロニカンピーニN.1は都合5箱あった訳だけれども先日三箱モデラーさんとこに嫁に行きいまでは二箱残すのみ。モデラーさん作られるそうだがバロムから出たこちらの方がかなりマシではないかと思います。(笑)

もう一品はXP-75イーグル。12.7ミリブローニング銃を10丁装備の化け物戦闘機ですが 尾翼、主翼を既製の戦闘機や爆撃機からコストダウンのために流用してでっち上げた機体。
クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します
銀のボデイで作り込むと結構 アメリカの超戦闘機みたいで見栄えは良いのですが 送料合わせのためになやんでなやんで買った物だからよしとしませう。日本の偵察機試作の景雲みたいなエンジン配置ですのでお決まりのエンジン冷却問題と延長シャフトの振動問題でかなり悩まされたようです。→結果 十数機作られはしましたがスクラップ。
きゃーこのマッチョアメリカンな排気口がたまらんね。ジュラルミンのギラギラがびんびん伝わってくる。(^^)クリックすると元のサイズで表示します
また 変態な飛行機プラモのコレクションが増えましたとさ。
0

2013/7/7

並べてみました。平成トドラ  プラモデル

★先日手に入ったオーロラファンクラブの怪獣トドラですがこの平成の時代になり再び再生された事はここの読者の皆様であれば記憶に新しいところだと思います、

▶『みくに文具 絶版プラモあり!』

ブログの管理人tagamidai氏+オリジナルキット提供者

平成のトドラはオリジナル箱から採寸し材質をそろえと惜しみない手間ひまをかけて”再生”された品。しかも仲間内で資金を募り再生されたのでいったいいくつ世の中にでまわったのかはわかりませんが

平成24年九月現在でトドラ配布はすでに終了してますので問い合わせなどはお控えくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します
★その四次元怪獣トドラ と オーロラファンクラブ平成5年当時の 四次元怪獣トドラを並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
箱の側面はオーロラファンクラブ製のは再現されてないね。



さて 次は オリジナルとならべてみなきゃ!(ほんとか?)
1

2013/7/7

P-51H型  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★今週の買い物 P-51H 1/72だとあんまりキットに恵まれてなかったと思います。一山いくらのプラモの山から発見。P-51Dは民間に払い下げられてご存知 ネバダ砂漠の無制限エアレースでいまだに現役なんだけど戦争が終わりP-51Hはどうしたんだろうね?スクラップなのかしら?D型よりも高性能で軽量だった筈なんだけどな。
0

2013/7/6

ボトル ミサイル (^^)  プラモデル

★以前 ボトルプレーンを投稿されたHACKENBACKER氏から 新たな作品投稿がありました。いやーミサイル好きな猫が洞という事もありますが 洋酒のボトル一杯に何が詰まってるかわかりますか? そうです1/72のスパローミサイルですよ。

以下 <HACKENBACKER氏の投稿です。>
クリックすると元のサイズで表示します


航空瓶(Bottle Plane Series)

第82便 パイレーツ・オブ・カリビアン



ジャック・ダニエルズの3リットル瓶に満載のお宝は、先週の静岡ホビーショーでせしめたスパローミサイルの山だぁ〜

AIM-7 Sparrow AAM        Scale 1:72

 by A.B.C.(Airplane Bottlers Company/CEO HACKENBACKER)

_______________________
【撮影後記】

パイレーツ・オブ・カリビアンの主人公、ジャック・スパローの旗印とは

ちょっと違うジョリー・ロジャースになってるかもしれませんが…

この作品、きっかけは資源ごみ回収の日に、ジャック・ダニエルズの3リットル

瓶を拾ってきたことが始まりなんですよ。で、こいつに目いっぱいスパローを詰め込もうとして先週の静岡ホビーショーでしこたまジャンク・パーツを買い漁ったというわけ。

なんかエリア88のマッコイ爺さんになった気分…

あ…それでも全部は賄いきれず、弊社のクローン技術にて大量生産しました…

って、スター・ウォーズのトルーパーズか…色も白っぽいし(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

航空瓶(Bottle Plane Series)
第90便 VO/V1/V2

ま、連番ということで…
ちなみにV2は燃料の主成分がエタノールなので、ひょっとしたらVO
でも飛ぶかもです。V1は…どうかなぁ…

V1(Fieseler Fi103)/V2(A4)  Scale 1:144

by A.B.C.(Airplane Bottlers Company/CEO HACKENBACKER)
_________________________
【撮影後記】
Suntory VO はブランデーなので、ブランデーグラスか、あるいは
この場合ショットグラスが相応しいのでしょうが、ちょっと長さが足りず絵になりませんでしたので御覧のシャンパングラスになりました(笑)

--------------------------------------------------
★このVOの瓶にV-1&V-2とシャレが利いてます。大人の雰囲気で素晴らしいです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ