2014/5/21

この頃は何でも流線型。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

ペガサスホビーからのまた新製品。おそらく1950年代のSF映画か?なにかの作品にでてきた月ロケットなんでしょうがこの時代は流線型が科学の最先端だったらしく 何でもかんでも流線型でした。左の三つ又ロケットは ソビエトかどこかのロケットではなかったか?(どこかで見たような??)情報下さい。(^^;) このモデルたちもじきに日本に入ってくるでしょうけど おそらく日本で手にしたのは猫が洞が一番早いでしょうな。(当社比)はたして 日本でそんなに売れるとも思えないけどねぇ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ