2015/9/10

Collecting AIRPLANE KITS(舶来の本)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★本日 帰宅したら 郵便ポストに入ってました、表紙からしてワクワク感あふれています。
クリックすると元のサイズで表示します
あけてみると....初期のプラモ箱から始まり(この頃は地味な感じのパッケがおおい。)
つい先ごろブログに載せたVooDooも初版と思ったが さらに古いモノクロ箱があったようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
左上の地味なオーロラの初版F-90は貴重!つーか まず市場に出ない。フランスの模型会社のMACH2社社長はそれを所有しているはずだ。オーロラは箱を開けるとクッションの紙が入っているのだが 失われている個体も多く生産時期によって紙がある?のかないのか?そいつはわからない。
クリックすると元のサイズで表示します
モノグラムやオーロラの製品ラインです。特にモノグラムに至っては派手な多色成形で 素組でもカラフルに組み上がる。
クリックすると元のサイズで表示します
大陸を横断して爆弾を落とす戦略爆撃機 ソビエトは原子力爆撃機を開発したという妄想も流行した。
クリックすると元のサイズで表示します
巡行ミサイル(もちろん核弾頭)
箱絵師の技が冴えるボックスアート群。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
時代は宇宙開発競争だからもちろん花形のロケット&ミサイルプラモが次々と模型化されて人気となる。東ドイツのGEOBRAは珍だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1950年代のアメリカのプラモデル屋の陳列風景(推定)だが なんと豊かなんだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
日本と違って駄菓子屋さんの兼営ではなくて模型専門ショップだったのがわかる(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アメリカの ドヤ!と言わんがばかりのこの物量プラモ。クリスマス商戦向けの飛行機プラモの詰め合わせ。(よだれが出ますね。)
クリックすると元のサイズで表示します
ディスニーランドで売られた ムーンライナー。ロストフューチャー〜。
クリックすると元のサイズで表示します
★これは珍しい!航空機会社が従業員向けにプレスしたプラモ。もちろん日本で持ってる人は少ない。(あ、いや、お一人いらっしゃった。)
クリックすると元のサイズで表示します

垂直離着陸機のコレオプテール。試作で終わった機体。たまたまヤフオクでも出品されたが自分以外誰も入札をしなかった。おかげで3個持ってるのは私です。
クリックすると元のサイズで表示します
この辺りはフロッグとかイギリスレベルの製品のページだな。
クリックすると元のサイズで表示します
CraftI X-2  オフィシャルモデル。この辺りも外国人と競り合いをした。毎日毎日 X-2,X-2と検索した。ブログでも紹介したのだが反応が薄くてがっかりした記憶がある。試作のX-2の公式モデルですよ。みなさん。 

クリックすると元のサイズで表示します
これは ソリッドのグリフォン!(緑箱ね。)軽戦闘機として開発されたグリフォンだが これも毎日毎日eBayをさ迷って 検索して手に入れた記憶がある。まず海外オークションでなければ出ないが 手に入れるにはとても忍耐がいる。
クリックすると元のサイズで表示します

書き忘れたが後半には日本の製品も見開き1ページ載っている。
とにかく ヴィンテージの飛行機プラモコレクターなら買いましょう。紙質もちゃんとしてておすすめ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ