2016/1/27

宇宙船 イカルス号 1/144  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★おやおや イカルス号ではありませんか? アポロスタイルのこのデザイン好きなんですよね。
小さいながらスケール表示があって 1/144 。
クリックすると元のサイズで表示します
発泡スチロールのクッションを取り除くと水面を模したディスプレイ台が(隣のテッシュに包まれたものはイカルス号本体)
クリックすると元のサイズで表示します
塗装いらずの精密なデカールが付いている。
クリックすると元のサイズで表示します
恐ろしいほど硬質なウレタンでできたパーツ。

名場面 名場面 名場面

イカルス号はGKが数種あるから今度はプラモデルででないかな?

2016/1/24

オーロラ 1/32  フォード チャージャー  プラモデル

★えーっと オーロラの1/32シリーズ、ボックスが目を引きましたので買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
これは プラモの出来以前に 箱だけでも値打ちありますよね。
クリックすると元のサイズで表示します

ほらね、車に足をかけ何やら違反切符を切る警官、手を腰に怒る男性とイライラしてるピンクの服の女の子。おそらく デート中のカップルですが...ドライブデートの最中に警官に違反を取られてしまった二人。

道端に止まってるところを近所の悪ガキたちに冷やかされちゃっての一コマだと思うのです。男の方は囃し立てるボーイたちに 「おまいらあっちに行け!失せろ!」 とでも言ってるのでしょうか?

彼女連れの男としてはバツが悪い光景ですよねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
オーロラの1963年の製品ということがわかります。 

2016/1/12

2016年 始まりました。12日目  プラモデル

★2016年も始まりまして すでに半月が過ぎようとしています。皆様におかれましても良い年になりますように。また絶版プラモ業界も大きな発見や発掘がありますよう期待しちゃいます。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さて 今回はプラモの箱を時系列的に並べて自身のプラモ創成期を振り返ってみることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
おそらく1968年ごろ
▲自分の最初のプラモデル体験とはなんだったか?記憶をさかのぼると おそらく マルザン(株)の ウルトラセブン ポインターだったのではないかと思います。

誰が言い出したのか?
『ポインターが30円で売ってる買いに行こうぜ!』

ということになり皆で模型屋まで行ったのです。カウンターに置かれたポインターに店の主人は350円(正確には不明) だと言います。結局 誰も買えないので子供達はそこで解散になりました。 ただポインターは確かなんですが実態はモーターだったのか?ゼンマイだったのか?謎です。ポインタースカイラインだったのか?ゼンマイ版のポインターだったのか?ひょっとしたら模型屋の親父が子供達相手に少しでも利益の上がる高価な?モーター版を勧めたのかもしれません。30円で買えるという噂はどこから出たのか?マルザンの倒産後で叩き売りだったのかも知れません。当時のことを模型屋の親父に直接聞いてみたら答えてくれたでしょうか?(ここ何年かは初詣で見かけたのですがね。)
クリックすると元のサイズで表示します
(それが起きたのはおそらくアポロが月に飛ぶの寸前の時期)
▲で、次は マルサン商店 ウルトラマンです。この思い出は でかい箱の印象とともにあります。親戚の叔父がラジコンや模型を趣味にしていたので 愛知県知立市の模型屋で購入し組み上げてもらったのです。カラータイマーの点滅が少しでもわかるように薄暗がりにした居間でモーター音を響かせながらノロノロ手足を振って歩く?ウルトラマンを私は見たのです。箱がでかかった割には完成したマンはとても小さく残念に感じました。もらってから ソフトビニール怪獣の入ったおもちゃ箱に投げ入れたら ガチャ!と音がして何か手足がもげた記憶があります。(バチあたりですね。笑)ウルトラセブン ポインターの記憶の方が古いのはマルサンが倒産後の店頭在庫のマンを買ったものと思うのです。もう一度 ウルトラマンは手に入れたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
▲このウルトラホーク1号の箱絵は鮮明に覚えています。明らかに小学校入学の陽気が良かったので春のことだと思います。これも叔父が丁寧にデカールも貼り完成品をくれました。3つに分解するしテレビそのものリアルなプラモだと思いましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
▲愛知県西尾市の駅前のショッピングモールで買いました。STマークがついていた記憶があります、できるだけ開けられていない綺麗な箱の状態のものを買いなさい と母親が言ったので箱を観察した折、翼の下に黒いタイヤが描かれているのを見つけ子供心にビートルに黒いタイヤはないだろう?と思いました。この宇宙ビートルは数十年の歳月と破壊を逃れて現在でも手元にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲謎の円盤UFOシリーズの二種。おかしなことに他のメカのプラモは店頭で見たことがない。この二種は一緒に売っていたので ”赤いのはいらなかったけど” 父親が買えというので しぶしぶ買いました。
(500個買えよ。今となったらそう思う。笑) 
クリックすると元のサイズで表示します
▲購入時期は小学校一年生。マスコット仮面ライダー 組み立て時にサイクロン号のカウリングにバイクのハンドルがなかなか収まらず難儀した記憶があります。何個か買ったがシールが貼られた箱はついぞ見かけたことはなかった。
▼何度目かの再放送がかかるものの”仮面の忍者赤影”はプラモ類が全くなくて激しく渇望していました。今でも 赤影関連のプラモはこれきりですよね。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
▲ああ エンタープライズ号 初見は すぎうら文具だったが実際に買ったのはおそらく名古屋のおもちゃ屋。店内に入るなり棚に並んでいた大量のエンタープライズ号に遭遇。一箱をしっかり抱きしめて萌え死んだ(今日はこれ一個でいいの?という親の声が遠くに聞こえた。)
クリックすると元のサイズで表示します
▲この ギララは なぜ すぎうら文具の売り場にあったのか?時期があわない。当時のミドリ商会で再版がかかったのか?(もしくは すぎうら文具の倉庫に幾つかあったものが店頭に出たのか?)幾つか買ったが途切れることなく店先に出ていた。
クリックすると元のサイズで表示します
”ギララ”とエンタープライズ号と同じ棚に並んでいた せんぷうき 購入した確かな記憶はないのだが品物はおそらくこれに間違いないと思う。
クリックすると元のサイズで表示します
▲すぎうら文具で購入の品。今も謎なのがこの箱絵。記憶が判然としない。確かにプラモは買ったがこの箱絵ではなかったような気がする。しかし今の所 緊急指令10-4-10-10のレオーネはこの箱しかないようだ???別の箱バージョンは本当にないのか?

▼そして これだ、小学三年生にはなっていたと思われる頃に買ったのが マジンガーZ この頃は すでに地元にも 玩具のフタバ屋ができていたので もっぱらプラモを買うのはフタバ屋に移行した時代。
クリックすると元のサイズで表示します
自分の中で マジンガーZ は紺色成型色が当たり前だったので 後年 スカイブルーのマジンガーZを手に入れた時はスカイブルーの方が珍色!と色めき立ったものだ。
クリックすると元のサイズで表示します
▲これもオーパーツな ミドリ商会の アストロボート この時代 もう アストロボートは売ってはいないはず。小学四年生の自分は店に入るなり吸い寄せられるようにアストロボートを手に取った。後日 なんども もっとないのか?と店の主人に聞いたが首を振られるばかり。猫が洞が買ったのは たまたま倉庫にあったデッドストックだったんだろうか?
クリックすると元のサイズで表示します
▲そして これな、””宇宙戦艦ヤマト” 猫が洞の中でもこのプラモは エンタープライズ号と双璧をなす。長らく 第二版を 初版と思い大事にしていたが 初版と第二版の研究が進んだことによりあらためて買いなおした次第。忘れがたいプラモだ。

他にも ミドリの Bigシービュー号

クリックすると元のサイズで表示します
このプラモも庭の鯉池つーかプールで遊びましたがついぞ うまく走行することはありませんでした。
小学生にはモーターは工作が難しかったのですね。いつもお店にあるプラモでしたがいつの間にかなくなってしまい中学になるとどこにも売っておらずそれでも探し続けたプラモですね。

物心つく頃からずっと小学校低学年までで組み立てたことのあるプラモを並べてみたがこの間が たった10年余年だった。

幼い頃は時間は 無限だったんだねぇ。(^^)











teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ