2016/4/25

マルサン商品番号7004  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★紹介するのは二度目ですが マルサン商店 B-47 を再び手に入れました。商品番号 7004!
クリックすると元のサイズで表示します
▲今度の個体はビニルの内袋入り。
クリックすると元のサイズで表示します
まあ この個体は 箱サイドにすでに 零戦だの飛燕だのがコマーシャルされていますから初版ではないでしょうが 少なくとも原潜ノーチラス号(No,7001)と同時に発売された製品のうちの一つです。この箱の印刷のズレ具合がなんとも レトロ感 爆発!印刷技術が未熟のためとは思いますが時代を感じます。

2016/4/13

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」ゼネプロアイテム  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★「王立宇宙軍 オネアミスの翼」映画終盤に少しだけ登場の 主人公の乗る宇宙戦艦?ゼネプロから製品が出ていたことがわかって驚きました。多分ゼネプロ終焉時期の発売でほとんど売れなかっただろうな?と思います。ゼネプロ自体も静かにフェィドアウトし消えてしまったのでなおさら 何もかも皆懐かしい です。 

>先輩! アニメ映画の試写行ってきましたあ それがつまんなくて なんかロケットが宇宙に飛んで行くだけの映画で古臭い。。。

クリックすると元のサイズで表示します

当時 試写に行ってきた後輩が こんな紹介したものだから ついぞ観に行く気になれなくてとうとう銀幕で見る機会を永遠に失ってしまった 王立宇宙軍 オネアミスの翼 あれから30年は経ったでしょうが今でもLDで 年に数回は見ます。

当時のLDをうやうやしくジャケットから取り出しLDプレーヤーで視聴する行為自体にステイタスを感じちゃう猫が洞なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
ほら 見てごらんなさい ゼネラルプロダクツ ですよ。

2016/4/8

航空自衛隊FS-X    プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★このキットが出た時はまさに自衛隊のFS-Xが話題なくせに実機の姿は一向にまだ見えずという 中途半端な時期でした。T-2CCV機が飛行して カナード翼ガー な時代でもありました。
クリックすると元のサイズで表示します
今度のF-2は カナード翼のついた機体で正式機なんだ!思ってたんですが蓋を開けてみると正式採用された機体(F-2)では採用されなかったので残念でした。。1980年台後半。店頭でこのプラモを見た時には長く売られるものではないと感じ即ゲット。案の定 短期の生産だったらしく ヤフクフが始まるようになって試しに売りに出してみたら随分よい値で売れた記憶があります。
クリックすると元のサイズで表示します
結果 日米共同開発のF-2 も最初は翼にヒビが入ったりとか聞いてましたが 20数年ですっかり熟成した飛行機になりました。
次の先進技術実証機も初飛行が近いというし 次期F-3 はどんな飛行機になるのでしょうか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ