2017/2/19

Apple IIe 電源リプレースキット  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
先日 異音とともに白煙を上げたIIeの電源ですが電源部だけ現代のパーツで入れ替えて見ました。(eBayで探したところ 電源の交換キットが出ていて購入)
クリックすると元のサイズで表示します
結果25年の技術進歩は半田付けなしでこの作業を済ませてしまいました。画面中央のごちゃごちゃしたのが煙吹いた電源部分。あとは余ってしまったパーツ。(おいおい)
使った道具はメガネのネジを締めるのに使う精密ドライバーセットと爪切りのみ。
IIe本体に刺さっている拡張カードを外すのに予想外の精密ナットドライバーこれだけホムセンで探しに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
電源を入れると”Pi!”と起動音が鳴り本体の電源ランプがグリーンに点灯。どうやら成功した模様。これで向こう30年はAppleIIで遊べそうです。
今回の作業はこのYouTube動画を参考にしました。でも今回は電源部という危険なところだったんでできれば慣れた人にやって欲しかったのですがねぇ。ちなみにマシンの方は遊び終わるとコンセントまで抜いております。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ