2017/4/23

Aurora B-70  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
今到着したばっかですが結構大きな箱で同社のレギュラスミサイルぐらいあります。都合10日ほどかかって日本に到着したのだけれど部品が箱の中でシェイクされバラバラが促進している。次の個体入手も含めて次のチャンスを待つしかないかあ。アラスカ基地に展開中のB-70実戦配備の図ですが箱絵の美しさが際立つボックスアートだけに残念。1962年製
1

2017/4/17

ミサイル時代の始まり  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
ひどい雨の中で荷物が到着しました、開けてみますとV-2号です。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のプライスシールがついてて工場からのシュリンクも破れていない。
クリックすると元のサイズで表示します
このV-2号 はるか昔にもコレクションにしていたことがあったけどもヤフオクであまりにプラモが売れるものだから勢いで売り飛ばしてしまったことがある。でもまあ今回はシール付きだったからな、探してもないんだわシール付きは。で輸入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
静岡で海洋堂のセンムさんのコレクションが(四万個のプラモの山)展示された時に 本当の隅っこにV-2号ロケットがありました。それがファクトリーシール付きでね、数十年経っても破れていない品を羨ましく思ったのが始まり。このV-2号は思ったより古くはなくて箱には1972年と書かれている。40年は経過してるのだがそれでもシールは破れていない。この宇宙の終わりまでこの状態で残っていてもらいたいもんですね。
1

2017/4/16

リンドバーグ Ar234 Blitz 1/72   プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★アラドAr234Bブリッツ買ってみました。確かこれ名古屋の日本切手で買ったことあったんだけどシュリンクを開けてみたらすごいもっさりした肉厚モールドのパーツが出て来て組み上げることなく売ってしまった記憶があるキットです。
クリックすると元のサイズで表示します
今回のキットですが箱見ると1966の数字が書いてあるので昭和41年頃の発売のやつみたいですね。今でも現役キットとして売ってるのですが箱絵は変わってないので50年同じ箱絵で売ってることになります。(すげーなリンドバーグ)
クリックすると元のサイズで表示します
組み立て説明書ももっさりしたイラスト。
クリックすると元のサイズで表示します
中学の時にも組み立てようとしてびっくりしたのはウインドシールドが二分割されてるんですよ。透明部品を分割してしまっては継ぎ目の補正は不可能でしょ・・・リンドバーグらしいといえばらしいですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
▲せめて窓枠に沿って分割してくれれば良いのに。。。
クリックすると元のサイズで表示します
こうやって組み立てましょう。(たぶん 英語でそう書いてある。)
今から40年近い前に買ったことのある同じキットなんだけど昔の印象に比べてモールドが幾分シャープに感じられることが意外でした。金型が摩耗してない生産品なのでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
まさかリンドバーグの製品を買うことになるとは思いませんでしたがこれも年齢のせいか?1966年に思いを馳せれば貼箱の箱絵も精悍に見えてくるから不思議です。これが680円なら十分楽しめるというところです。
0

2017/4/15

忘備録 メタルナミュータント  プラモデル

★ヤフオクで出品されたビリケン商会 「メタルナ ミュータント」プラキャスト版
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カラー箱もあったとは噂に聞いていたけど35年経って初めて見ました。忘備録としてアップしておきます。実は「メタルナ ミュータント」箱バリエーションはいくつかあるそうで 決して 白黒コピー箱だけではなかったようでハマ氏 曰く「色々やった」そうです。ビリケン商会の三原氏によると”キャスト製ガレージキットをランナー付きで作ったため ゴム型が傷まず 一つの型でかなりの数が作れたためいろんなバージョンがあるはずだ”だそうですわ。今回は入札しましたが振り切られてしまいました。最高落札額氏のカロリーは猫が洞を上回っていたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
▲キャスト版 メタルナミュータント (撮り下ろし)一般に知られている箱はこれだと思います。プラキャストながら間近でパーツを目視すると肉質感がハンパないです。どこかで遭遇したら やはり迷わず買え!ですね。
3

2017/4/13

オネアミスの翼 第三スチラドゥ戦闘機  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

この夏にはプラモも出ると思われる オネアミスの翼 第三スチラドゥ どんなきっかけからのネーミングか30年経った現在でもなお判らないが 買ってしまった。ジェットとの空中戦は よかったわー 人気ないのかプラモデル発売を見越して誰も入れなかったのか競らずに手に入ってしまいました。もう1セット前に買ったんだがな確か。
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず箱を開けることができす開けるのめんどうも手伝って見てないのですが まあ出品時の写真でいいや!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ