2018/1/31

ブルマアク 宇宙ビートル STなし   プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲きましたよ! STマークなし 

クリックすると元のサイズで表示します
箱絵 カッコイイ!! 当時 初めて見たときの衝撃を思い出す。当時ウルトラマンはブラウン管から消えていてウルトラセブンも終わった頃。自分はウルトラマンのアイテムがとっても欲しかった。駅のデパートで見つけたときは嬉しかったなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
中身は こんな感じだが まあ普通。(いやいや まぐまつくる氏ブログより普通じゃない事が判明)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この青文字の ウルトラQ ウルトラマン シリーズ の文字に痺れますわ。ウルトラセブン証紙の”ウルトラマンの宇宙ビートル”当時 買ってもらった宇宙ビートルがSTマーク付のものだったのでSTマークなしのものは今まで持ってなかったんですよねぇ。思わぬところで旅を終了する事ができました。

ところで まぐまつくる さんのブログではマルザン版宇宙ビートルは発売されたのか否か?と問題提示されています。未発見のマルザン版宇宙ビートルですがもしそれが発掘された場合はマルザンのSY-3号みたいなホワイトパッケージになったでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
▼マルザンマークを移植して見ました。猫が洞が想像するマルザン版宇宙ビートルです。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
▲マルザンマークの宇宙ビートルがどこかの倉庫から出てきたら 大発見ですね。

2018/1/20

偕成社 SF名作シリーズ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
しばらく前に 買った古本2冊。
クリックすると元のサイズで表示します
「宇宙怪獣ゾーン」の方は確か小学生の時に図書館で借りて読むところを 今でも住んでる近所の金持ちのやつに冷やかされていまだに中身を読み切れてなかったので買って見ました。超光速の宇宙線ビーグル号が宇宙を巡り遭遇する幾多の宇宙生物との戦いを描く みたいな話です。(まだ パラパラ見ただけ)このネコ怪物の挿絵は記憶に残っていてこれ見たらもう読まなくてもノスタルジアに浸れるのでもーいいかな?と言ったところ 本には確か函箱があったような気がしますが どうだったでしょうね?
クリックすると元のサイズで表示します
原潜シービュー号のジャケ買いです。緑商会の箱絵から抜け出してきたようなイラストです、多分 模型片手に挿絵者は描いたんではないでしょうか?本を開くと カビ臭いです。笑


2018/1/14

リノ エアレーサーのキット  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲記事に度々コメントをいただくSWIFTさんの
「SWIFT工房日記 Mk.2」で紹介されてましたサイトより取り寄せました。
クリックすると元のサイズで表示します
色々 製品のある中 やはり レッドバロンでしょ ということで レッドバロン 1979年仕様をチョイスしました。相変わらず箱が開けられない病なのでパッケ画像で皆さんには我慢していただきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
中学生の時でしたかねぇ。オオタキ1/48のP-51をベースに空想のレース機を形にしようと組み立てたものです。主翼後縁で手が切れるんじゃないかぐらい薄くしてそれが原因で後縁のプラスチックが欠けてしまいそこでおじゃんになりましたけど実際、在庫のあるのはともかく自分の場合は発注してから注型してたんじゃないかな?かなり待たされましたがこうして高精度の注型模型が手に入るのですからいい時代です。

CivilizedModelsのHPはコチラ→https://www.civilizedmodels.com/

興味のある方は 買って見ましょう。できればご自分の手で レーサー機を形にしませうよ!

2018/1/10

Frog Pengin   プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★今日 会社定時で上がって郵便局に受け取りに行ったわけですよ。今さっき開けたところです。
クリックすると元のサイズで表示します
この広告が出ていた時にはまだP-51は現役の戦闘機だったわけですね。今でいうF-15やSu-27とかだったんですね。
クリックすると元のサイズで表示します
組み立てると こんな風になるようですよ。プラスチックモデル発祥の国イギリス製。
クリックすると元のサイズで表示します
手に入れたのはP-51ムスタングとスピットファイア いずれも未開封。
クリックすると元のサイズで表示します
21世紀にペンギンシリーズですよ!ペンギン(飛べない鳥)シリーズ
クリックすると元のサイズで表示します
日本が終戦を迎え数ヶ月後の発売です。
クリックすると元のサイズで表示します
二つとも発売は1945年〜46年。多分これからも宇宙の終わりまで 未開封のままだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
出品者からのメッセージカードが入ってました。

2018/1/8

ハナンツからきました。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★マクドナルドから帰ると イギリスから小包が来てました。猫が洞子が受け取ったようです。発注はかなり前ですがずっとデイスコンが続いてました。何カ月かでようやく在庫になったというところでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
これ、、、まさかのSR-53ですよ エアフィックスが数十年前に出したっきり(金型流れて??マイナーメーカーからも出てる亜種もありますが)
クリックすると元のサイズで表示します
ハナンツはある程度 送料のために買う必要があるので ついで買いで 架空実戦モードののバージョン。
クリックすると元のサイズで表示します
で これも日本陸軍の試作キー87、大昔 パブラというメーカーから まあKi-87にしか見えないという程度のキットが出てましたが多分それよりはまともなやつでしょうね。機種側面の無骨な排気タービンが目を引きます。(開けないからわからない。)

クリックすると元のサイズで表示します
Su27の元となったT-10試作戦闘機 こいつは カートから捨てるの忘れてて そのままチエックアウトしちゃったらしい。まあいいか。


「オーストラリアからの荷物」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ