2018/11/4

宇宙昆虫 ノコギリン  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲何を思ったのか ポピーのキングザウルスシリーズ 買って見ました。

「ノコギリン」

クリックすると元のサイズで表示します

▲猫が洞はマルサン・ブルマアク 世代なので キングザウルスシリーズが店頭でタグつけられて売っていた頃はうすらぼんやりとしか覚えていない。おもちゃ屋に寄った時には 全く眼中になかったから。

クリックすると元のサイズで表示します

▲本来は立姿勢で飾るんだろうけれども この怪獣は やっぱ腹ばいだろうということで このまま本棚に飾って愛でることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲まるで アロマカリスやん まあ そんなに高いものでもないし おもちゃというのは本来こんな風に置いとくと心が和むそうゆうためのものなんだらう と強く思います。

昨今の 絶版プラモに180万も払って 落札し ドヤ顔する

風潮には前々から苦々しく思っていたのですよ。

高いお金を出してプラモデルを買うなんてことは 

クリックすると元のサイズで表示します

もしネットオークションで見かけても 入札してはいけませんよ。
やめましょう。

そんなことは「猫が洞だけ」がすればいいことですから 悪い見本ですよ。

よいこのみんなは真似しないでね。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ