2019/1/28

レベル B-24Dリベレーター 1/72  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲フィギュア王 最新号で 海洋堂の専務と からぱた さん?が レベルのB-24D リベレーター爆撃機を肴にして モールドの神秘について語っておられたのでどれどれ 自分も見て見ましょうと買って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲からぱた さん がTwitterでも かなり感動した様子でしたので興味をそそります。

これはキットを内袋越しに撮影したもので 見事なおろしがね風のリベットが。。。

自分がスケモ作り始めた頃読んでた模型誌では”おろし金”リベット表現については否定的で

耐水ペーパーかけちゃったりしてました。

今 また 古いキットは古いまま楽しもうと 復権の兆しなのか?

クリックすると元のサイズで表示します

▲これが説明書の一部ですが 実機の解説など

クリックすると元のサイズで表示します

▲当時のプラモにはよく見られた懐かしパターン。

クリックすると元のサイズで表示します

▲気がつかなかったが イケマツ と読める 日本人の箱絵師さんだった。

クリックすると元のサイズで表示します



「超音速備忘録」

2019/1/28

ワイルドボア 閉店  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲皆さん 「ワイルドボア」という模型屋さんをご存知ですか? ほらホビージャパンに強烈な広告を出してたお店ですよ。

画像はストリートビューからのスクショですけど撮影された2018年当時はシャッター閉めてますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲この広告はほんと 刺激的でした。スピンドリフト号のプラモが存在するというのもこの広告から知ったのです。

猫が洞なんかは当時 スケモに傾倒していて格下であった キャラプラモのことを SFキット キャラクター物 こんな感じでスケールモデルと区別して呼んでいたのですが

「コミックプラ」ですよ「コミックプラ」 センスですねぇ。

「コミックプラ」 この呼び方ここのお店の発明だと思います。 



H.J掲載の広告は1978年当時のものを写したもの。当時はプラモ代金以外に送料と現金書留代がかかるので欲しくても通販を活用しなかったんだよなあ。 今だったら 買い占めに行くのに。

★「ワイルドボア」2019年 1月26日(土)閉店 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ