2019/1/30

近所のハードオフ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲今週のジャケ買い 零戦ZEKE 1960年代初頭のプラモ。


クリックすると元のサイズで表示します

▲こちらの画像はハセガワのナナニイシリーズの零戦52型。

ニチモの箱絵と構図が同じ ひょっとしたら箱絵師は同じ方なのか? 

近所のハードオフに長谷川のナナニイシリーズの有名どころばかりが入荷していたので保護。

大昔からハセガワの1/72シリーズには世話になっている、空気を吸うようにコレらを組み立てた経験がなければプラモを語ることはできない。

ここ30年余りプラモの話をすると 「ガンダムですか?」と聞かれることが多く閉口する。

クリックすると元のサイズで表示します

▲他を見回すと ホークのP-47 バブルキャノピー型でないので正直相当 迷ったがコレもきっと買手が現れないと思い引き取ることにした。

リサイクルショップで 思わぬ お宝が。。。という展開は今日もなかった。運をアイテムで測るとすると1965年製のファクファクトリーシール未開封のP-47やハセガワ旧キット(1987年製造ロットらしい)ぐらいが現在の自分の運レベルなの?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ