2019/2/23

羽布と木骨組みの爆撃機のお話  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲昨年暮れには一冊3,000円超だったものが1月末には定価で買えるようになりました。ネット動画で紹介されたことが原因ですが メルカリブックスで購入。「ブラッカムの爆撃機」一読する前に プラモ買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲イギリスの爆撃機ですが第二次大戦中期にはすっかり旧式化してしまった飛行機だったようです。(羽布張り)

まさかプラモを買うことになるとはねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ドイツ空軍のJu88、機首のツンツンとしたアンテナが夜間戦闘機だとわかる。箱絵をよく見るとキャノピー後方に揃った長さの二本の銃身(斜め銃)が見える。
クリックすると元のサイズで表示します
▲ イラストでも 背中から機関砲が斜めに生えてますね。
クリックすると元のサイズで表示します

▲このように敵爆撃機の腹の下に潜り込んで背中の機関砲を撃ちあげて至近距離から撃墜するのですね。

「ブラッカムの爆撃機」 

お話を簡単に紹介すると...

夜間爆撃後の帰路イギリス機に背後から忍び寄るドイツ夜戦。

爆撃機と戦闘機は 銃火を交え 燃え出す夜戦。

徐々に機体に火が周り脱出できないまま生きながら炎に炙られてゆく夜戦操縦士

その夜の後に帰還した爆撃隊で起こる恐ろしい怪異の物語となってます。
0

2019/2/13

赤とんぼワークス製シュド・エスト SE.2410 グロニアール   プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲ 本日 到着、シュド・エストSE 2410 を赤とんぼワークスさんが1/72スケールでモデル化してくれました。


クリックすると元のサイズで表示します

▲中身はこんな感じ。最初のロットは20セット と聞くが 発売を知って すぐに2セット予約しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲組み立て説明図はコレ。

クリックすると元のサイズで表示します

▲15〜20年ぐらい これ探し回り レジンキットの国際的なクラブにも入会して網を張っていましたが情報はなく Dujin/REPLICA 1/72という呪文を検索ワードに放り込むのにも飽きていました。 組み立て途中のはネットで引っかかるんですけどもないんですよ。そりゃ個人のGKですからねぇ。持ってたとしてももう高齢でネットに出してわざわざ売ることもないでしょうからねぇ。ともかく 一応 探索の旅は終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲こっちは ついで買いのフランス戦闘機 ナーヴァル

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

▲戦後の開発だと思われるが 日本の 閃電 戦闘機を実際に作るとこうなるのだろう。主翼が三日月翼というのも いい感じ出してる。日の丸塗装も似合うだろう。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ