2019/3/6

Apple SoFar ほか  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します

▲So Far Apple社も もうあの1977年から指折り42年経ってしまったようです。

手に入れるのはこれが初めてではなくて20世紀の終わりに eBayで見つけると買いあさって 多分これ 3冊目?か4冊目になるかも? お金がなくなると 売り飛ばしてましたからもう手持ちは 今回の一冊のみ。 

Apple社が創業10周年記念で出版した豪華便本。

当時、本社のApple実店舗で平積みで売っていたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

▲32年経過の本ですが 購入した人は皆大事にしたのでしょうね。そこそこ程度の良いものが現在も残っています。コストかけて製本されているのでそのせいもあるんではないかなあ。 

クリックすると元のサイズで表示します

▲豪華な造りです。金かかってるなあ。図鑑のつくりですわ。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ 有名な CMの「1984」の一場面 荒い走査線が 嬉しい。




クリックすると元のサイズで表示します

▲本にはAppleの従業員の名前が収録されているのですが 赤丸がしてありました。多分 この本を最初に買った人物だと思います。俺はここに載ってるぞ!というところでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

▲このコミック 史上初のコンピュータグラフィック(MacPaintを使ったものだと思う。)で描かれた やつですよ コミック題名忘れました。リアルでその時代に生きて触れていたことに感謝です。 Macintoshは 世界いちぃいいいいいぃいいいいい なのだ。


クリックすると元のサイズで表示します

▲Appleは教育機関にコンピュータを提供していたし大学にもたくさん導入することに注力をしていた。Macintosh128kセットが手元にあるが 荷物の送り状に マクダネルダグラス(英語表記)とあるから製品は大企業にも浸透していたのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

▲これは「Mac Draw」あたりで描かれた ものだろう。画面が青く映るが ペーパーホワイト画面を基準にしていたので実際使ってみるととても操作しやすい画面だった。


クリックすると元のサイズで表示します

▲スティーブ・ジョブズの ご尊影 もう いないんだねえ。

Apple社には感謝してますよ、コンピュータを本当に使える道具として発売してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

▲日本でのMacintosh事情の資料。”日本語版 MacWORLD”が収録されていたりする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲MAC+を久しぶりに本棚から出して見た。どうゆうわけかNo,7が見つからないのが悲しい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ