2013/1/22

ペンギンのゼロセン  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★ほぉ〜 これは珍しい? ペンギン社のゼロセン 1/48 プラモ資料本にも紹介されていたりはしますが実物見るのは初めて。社名からして ペンギン(飛べない鳥=プラモデル)ということで洒落がきいている。前のオーナーによると小学生当時(S45年ころ?)から持っていて今に至るそうで(@_@)びっくりですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
パーツは内袋のビニールにおさめられててモールドは...そうさな太古のアオシマの1/72を思い出してください。
パッケージデザインからしてマルザンの飛行機に見られた黒箱デザインを踏襲しているのでやはり後発の弱小メーカーだったとおもいます。ペンギン社。赤い丸にペンギンのデザインはともすると 赤い丸マルザン と錯覚しやすそう?
クリックすると元のサイズで表示します
ペンギン社 ひょっとして命名した人は FROGのペンギンシリーズの事を知っていたのかな?とか想像してしまうのですがどうおもいますか? 海外のサイトで FROGのペンギンシリーズ研究サイトがあったけどなー。1930年代の世界最初の樹脂の模型。このペンギン社 ゼロセン以外にキットはあるのか?それともゼロセンが最初で最後なのか?ほかのキットをご存知の方 コメント欄からどうぞ!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ