2015/9/27

LISA2/10をアップグレード!  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
米本国からLISAのHDをCFカード化した記憶装置が到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
重さが数キロあるICチップと金属の塊のHDを外して今度は青いICボード一枚にすげかえます。これで消費電力もかなり抑えられてマザーボードその他の負荷もかなり軽減されるでしょう。

10年ぶりぐらいのX/Profile 過去記事にもありますが 発売当時個人輸入して確か10万以上かかり取り付けとLISAの整備もAppleのマニアさんにお願いしたんだけど(お金も前金で渡して)そのまま その人の会社が消えちゃったんですよね。本体合わせて30〜40万ぐらい使ったんだけどねぇ。マシンと周辺機器も持ち逃げされた形になりました。その後LISAをみかけてもX/Profileが入手できなければ長持ちしないのであきらめてたんですよぉ。

クリックすると元のサイズで表示します
で手持ちのマシンにはLOS 2.0がインストールされていたので 今回も2.0を入れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

あっさり 起動!

クリックすると元のサイズで表示します
当時のアプリもインストール済み。

35年以上前のマシンもいまの技術でちゃんと使えることになりました。やはりアメリカですねぇ 日本のマシンでこんな周辺機器を出すところはないですわ。ほんと 感無量ですねぇ

現在 MPU68000/5Mhzで駆動しているのですが18Mhzで動作するアクセラレータもまだ売っています。アクセラレータを積んでソフト的にMacintosh128kをエミュレートすることができるのですがお金がゆるせばやってみたいですよね。
LOSの操作はMacintosh128kと全く違いまだつかこなせないというのがほんとうのところですが動態保存の目的を達したのでこのまま また眠りにつかせようと思います。今度箱を開けるのはいつになるだろうね?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ