2017/1/22

私家版 アンティークキットセレクション  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★家に帰るとレターパックが届いてました。開けて見たら ほらほら...血が身体中を駆け巡るでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します
はるか30年以上前に月刊模型誌で突如連載された”アンティークキットセレクション”
クリックすると元のサイズで表示します
当時 絶版プラモデルの資料本なぞなかった時代。この特集こそが後に続く絶版SFプラモデルを主に収集する者たちを生み出したとんでもない一撃だったのでした。ヒコーキやその他スケール物をコレクトする方々は昔から居られましたし模型誌での特集もこれより数年前 驚異の平塚コレクション が存在しましたね。(こちらも反響が大きかったと言います。)
クリックすると元のサイズで表示します
とかくスケールプラモに比べ一段落ちたジャンルとして認識されてきたコミックプラモの地位(と値段)はこの特集で一気に潮目が変わったのですわ。
クリックすると元のサイズで表示します
今まで出会った何人もの方々もこの特集から”古いプラモを集めるきっかけとなった”と聞いています。
クリックすると元のサイズで表示します
模型誌で始まったこの連載も2年ほど経つあたりでいつのまにか消えてしまったのですが1983年から始まる特集記事はまさにネ申でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します
アンティークキットセレクションを合本にしたような資料集を誰か作らないかなあとつぶやいておりましたら いつのまにか”平成のオーロラファンクラブ的存在の みくに文具さん が水面下で実行に移しておられたようです。”
クリックすると元のサイズで表示します
模型誌で10回以上にわたって掲載された記事が一冊でまとまって味わえるのは嬉しいし便利です。紙質も色味も実用上水準です。こいつは春から縁起がいいやあ!
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ