2018/1/20

偕成社 SF名作シリーズ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
しばらく前に 買った古本2冊。
クリックすると元のサイズで表示します
「宇宙怪獣ゾーン」の方は確か小学生の時に図書館で借りて読むところを 今でも住んでる近所の金持ちのやつに冷やかされていまだに中身を読み切れてなかったので買って見ました。超光速の宇宙線ビーグル号が宇宙を巡り遭遇する幾多の宇宙生物との戦いを描く みたいな話です。(まだ パラパラ見ただけ)このネコ怪物の挿絵は記憶に残っていてこれ見たらもう読まなくてもノスタルジアに浸れるのでもーいいかな?と言ったところ 本には確か函箱があったような気がしますが どうだったでしょうね?
クリックすると元のサイズで表示します
原潜シービュー号のジャケ買いです。緑商会の箱絵から抜け出してきたようなイラストです、多分 模型片手に挿絵者は描いたんではないでしょうか?本を開くと カビ臭いです。笑




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ