2018/3/24

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
★本日です、リニューアルオープン ということで 朝から出かけてまいりました、JRと名鉄を乗り継いで約2時間強で少々疲れましたが...
野外展示もYS-11をはじめたくさん展示してありましたが疲れもあってそそくさと館内に。このての博物館は敷地が広いので歩くだけでバテてしまいそうです。この日は春日和で家族連れがたくさんいました。
クリックすると元のサイズで表示します
小牧と同じでここも展示機を見下ろすことができるように二層構造建てになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
展示機の中で目玉の飛燕です。ジェラルミンの無塗装は息を呑むぐらい美しい。女性のオールヌードを見ているようでした。
クリックすると元のサイズで表示します
液冷エンジンのせいでスマートでホンコレ 美人さん。もう何枚撮影してもキリがない、iPadで連写しました。ただ見物人が引いた時を狙わないといけませんな。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
▲ダイムラーベンツDB601をチューンした国産のハ 140
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
T-2 CCVテスト機 この子に会いにきたのですよ。ずっと憧れでしたからね、もう飛べないのかなあ?F-1が引退してしまったのだから時代ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りがけに 買わないはずだったのに 気がつくとレジに並んでしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
飛燕二型のプラモは持ってないですからね。タミヤのも買ったことがないし。やはり中身はファインモールドの製品のパケ替えでした。ここでしか手に入りませんからな。貴重な機体が日本で保存されるのは費用も手間もかかることと思います、皆さん是非見学に行きましょう。

気が向いたら画像もスライドショーの動画を作ろうと思います。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ