2018/11/10

オーロラ フライデー  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ オーロラ フライデーの組み済みが 手頃な値段で出てました。¥1,500

が あれよあれよ と積み上がり10倍に(暗算 できません)

クリックすると元のサイズで表示します

▲ポーラライツとか 出てんだから それ組んでおけばいいのに なぜ 入札・応札合戦になったのか?

クリックすると元のサイズで表示します

▲(たぶん)オーロラの サイクロップスと並べて1968年に浸ろう。

クリックすると元のサイズで表示します

▲マジックハンド から 放射する稲光が オーロラ っぽい!

猫が洞の現在の工作技術では 破損箇所の修復することはできない。修理できる人がいたら 

55万円払う!(払うとは言ってない。)

クリックすると元のサイズで表示します

▲1968年 オーロラ製だ。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ