2009/10/11

ヤマダ UボートX-102  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲山田模型お得意の 紺のインクの組み立て説明書です。
クリックすると元のサイズで表示します
▲初版の箱絵はもっとレトロチックですが これは後期箱とでもいえる時代のものではないでしょうか?おそらく昭和47年とか昭和50年代初頭あたりか?改造されて現在の製品になったのは童友社に金型が移管されてからなんでしょうか?クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ