2020/5/13

45年ぐらい待ちました。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ とうとう「惑星を食う怪物」「惑星の殺し屋」が手元にきました。 

待って待って待って 45年は待ちました。

「表面は堅牢なニュートロニュームで覆われており 我々のフェイザーでは破壊できません!」

そうです 猫が洞が 初めて 宇宙大作戦 に触れたのはこの宇宙の怪物のエピソードでした。

再々放送ぐらいでしょうが...

ワープ・フェイザー・トライコーダー・転送装置・光子魚雷 その緻密な設定に 熱に浮かされたようになりました。

当時 日本のご都合主義な映画やテレビ番組には飽き飽きしていた猫が洞には 衝撃だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します


▲意外に小さいのが悲しいが まあ仕方がない。


クリックすると元のサイズで表示します

劇中の画像(拾)
クリックすると元のサイズで表示します

▲箱を開けると 多分 こんなモデルが入っているはず

(開けませんが)

クリックすると元のサイズで表示します

ビームで惑星を粉々にしてその破片をエネルギー源とする「惑星の殺し屋」

▲ようやく 「惑星の殺し屋」がモデル化された。めでたい めでたい



クリックすると元のサイズで表示します

▲エンタープライズ号と比べると こーんなに 巨大!

クリックすると元のサイズで表示します

▲ミドリ商会のエンタープライズ号とは縮尺が違うから並べられないけども 45年前にはこうして並べて見たかった夢が

現実に。。。

フルタの食玩のエンタープライズ号ならば 少しはましですね。
クリックすると元のサイズで表示します

何かまぬけな画像ばかりアップしてしまったが 大人だけど 幾つになってもブンドド も良い。 

否応無く 終ワリ はくるからである。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ