2020/5/17

現存していたバQの ウォーマシン  プラモデル

毎日 Twitter してますが ある日 以下の投稿がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲ひとの手と比べると こんな感じ、大きさがわかる画像

隣というのは  大昔の 季刊 「宇宙船」

クリックすると元のサイズで表示します

の 読者交流欄に 伝説の「タロス」が掲載されていたのですが

クリックすると元のサイズで表示します


タロス立像の隣を見ると VFキットが...

それが 猫が洞製のものではないのか?

クリックすると元のサイズで表示します

という 投稿だったわけですよ。

驚いたことに Twitter を通じて 組み済みでの現存が確認されたわけですね。

この世界にまだ残っていたわけです。三十個ぐらいプレスしたのか五十個か?

プラ板代だけ切手か郵便為替で受け取り後は自作のVFマシンを使い ハンドメイドプレス。

プレス機と原型は後年の火事で失われました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲コレですな 週末を使い 探して見ましたら 組み済みプラモの箱から出てきました。

熱線アンテナ?FRP樹脂ですから脆い。

クリックすると元のサイズで表示します

▲量産されたキットは 熱線部分だけが付属していたはず。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ どや! 40年ぶりの邂逅 で タロスkitと現物を並べて見る!

多分 この光景を再現できるのは 世界で自分だけですな〜 

以上 はるか昔の 昭和の出来事でした。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ