2019/9/7

オーロラのモールドを眺めながら。。。  プラモデル

手で取って眺められる ジャンク品も良いですよ。

こうして(老後を考えながら)手に取りオーロラの彫刻を見てます。

クリックすると元のサイズで表示します

▲おおお こわい顔 

オーロラのオリジナルなんだけど

光の加減でプラキャストの複製品みたいに見える。


クリックすると元のサイズで表示します

▲接写すると 白く写る。

カメラの表現力はあまりあてにならない。

それにしても引っ掻かれたら痛そう爪だこと。


最近 自分の寿命のことが頭に浮かぶのです。

秋がやってくるせいか”おセンチ”なのか?(笑)

今までの30年はすぎてきたけど「次の30年」は果たして越えられるのか? 

未来もプラモ、プラモと騒いでいられるのか? 

こうして組み済みを手にしていると心に去来するものがあるのよ。


2

2019/8/25

図解 怪獣図鑑 (大伴昌司)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


▲尊い 初版が手元に来ました。

(欲しい人がいますか?売ります。)

クリックすると元のサイズで表示します


▲この光景が見たかったからですが やたら食い下がる人が

いたので手こずりました。

前のスカイダイバー箱も同じで食い下る人がいて、、、

でも 出品すると みんな 食い下がらないんですよ。おかしいですよね。


クリックすると元のサイズで表示します

▲ほんと 当時は少年マガジンで見たイラストのまま

クリックすると元のサイズで表示します


▲この怪獣の 甲羅の質感の見事なこと

クリックすると元のサイズで表示します

▲こんなプラモデル出して欲しい。(いらない)

クリックすると元のサイズで表示します

▲ベロがある ここが口なのか?火星人の(いや クラゲ火星人の)

クリックすると元のサイズで表示します

▲空想が 跳ぶ! (みごとなイラスト 怪獣ジャンプ比べ)
3

2019/8/24

バンダイ模型 謎の円盤UFO スカイダイバー  プラモデル


クリックすると元のサイズで表示します

▲ スカイダイバーの空箱が出ていたので買っときました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲開けて見たら 本当に 空箱 中身は新聞紙が詰まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲で うちにある組み済み完成品を中に収納。

こんな感じ とか


クリックすると元のサイズで表示します

▲こんな感じとか 

やっぱ でも すごく 空虚な感じ  せめて説明書とか 部品押さえの帯とか ランナー枠とか はいっていてほしかったな。

初版のスカイダイバー なかなかでないのですよ。

再販されたから バリューが落ちたとは考えない 猫が洞ですが 皆さんは どんな価値観をお持ちでしょうか?

絶版プラモは再販されたらダメなんでしょうか? 
2

2019/7/28

昨夜 出現のポインター スカイライン  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲昨夜 激闘が繰り広げられた ポインターの出品がありました。

ぱっと見は よくあるポインターなんだけど。。。


クリックすると元のサイズで表示します

▲この画像で 第1級戦闘体制。そう ポインターでも スカイライン ポインターだったのですよ。


クリックすると元のサイズで表示します

▲この ライトブルーの成型色 この生ぬるさ もっさり感 

柔らかさを醸し出す様は

あああ このポインターこそ 幼き日に 生き別れた ポインター
(と思う。)

で 人生最初に遭遇した「プラモデル」

既出ですが 当時 おそらく4歳から5歳 の猫が洞は 

近所の年長ガキから「タナヲ屋でポインターが30円で売ってるってよ!」

と誘われて 30円握りしめて 現場に向かったわけですよ。

当時は 歩いて車通りの激しい商店街を抜けていくのはある種の冒険 

子供達の軍勢が タナヲ屋に到着すると店の親父がカウンターに「それ」を置いた。 

値段はXXXXと聞き取れず記憶にもない そもそもお金の単位が数百円という概念すらない。

とにかく 手持ちの30円では買えないしそこに集まった子供達の有り金全部を集めても 買えない。

年長ガキの残念そうな表情とカウンターのポインターは 記憶に残っている。

チビだから 商品は上から覗き込めないから 目線は ちょうどこの角度

クリックすると元のサイズで表示します

▲でもでも このスカスカ な箱側面のデザインは 当時の記憶と一致しそう。

同じ角度をモーター版で再現してみると こう見える。

クリックすると元のサイズで表示します

▲そう言うものの 果たしてカウンターに置かれた ポインターは 

モーター走行版だったのかゼンマイ走行タイプだったのか??

いくら思い出そうとしても はっきりせずこの50年間モヤモヤのまま。

昨晩は 50年のモヤモヤを晴らす神様からのチャンスだったかもしれないが またお預けになってしまったのはひどく残念なことでした。

模型屋のカウンターに置かれたのは ゼンマイ仕様の中でも スカイライン と 書かれたお馴染みの箱絵のものだったのか 

または今回の出品物のように モーター版と同じ箱絵でありながらゼンマイ走行仕様だったのか?退行催眠でもしてもらわないと 永遠にわからない。 

どなたか ポインター スカイライン 箱のみでいいから お譲りいただける方はおられませんかね? ぜひ!お願いします。
5

2019/7/24

マルサン商店 F86D セイバー 空箱  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ただの空箱が手に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲これ あんまりないんだ。昔 持っていたけれどもすぐ売ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

▲あの時の箱よりは数段状態が良い。

クリックすると元のサイズで表示します

▲バリのかけらが入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

▲こうして 並べてみたかっただけだし 猫が洞が買うぐらいだから、わかるだろ?

すごく高価で珍しくて誰も持ってないものなんだ。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ