2021/1/20

日本の医師は打ちたく無いって  

世界各国で新型コロナウイルスの
ワクチン接種が始まっている。

日本でも来月下旬
、医療従事者や
高齢者から順に
接種が始まる見通しだ。

だが「絶対に打ちたくない」
という声も、
医学界から聞こえてくる……。

そもそもワクチンは、

感染予防に

ならないのだという。

「誤解されている方が多いですが、
季節性のインフルエンザなど
注射で打つタイプのワクチンは、

ウイルスの感染自体を

防ぐことはできません。

新型コロナウイルスの
ワクチンも同じで、
打ったとしても
感染を防ぐ効果はないのです」

そう解説するのは
東京大学薬学部の池谷裕二教授。
ワクチンはあくまでも

「重症化を防ぐ」ために
打つものなのだという。

誤解を生みやすいのは、
「数字」が独り歩き
するせいかもしれない。

例えば、ファイザー社のワクチンは
「65歳以上に94%の有効性」
などと報じられるが、

「有効性94%などと聞くと、
ワクチンを打った人の
94%が感染しないとの
印象を持つ人もいるでしょうが、

違います。

ワクチンを打っていない集団で
100人感染し、
打った集団で10人が感染した場合、

有効率は90%ということになる。

あくまで打った人と
打たなかった人の
感染の割合を見ての比較です」

(国際医療福祉大学

2021/1/20

やっぱりダメか  

日本国政府は 韓国を
捨て切る ということは

無いのだな

と 令和になっても
日本国民を侮辱して
貶める 在日朝鮮人を

法的に 取り締まらないし
韓国から なぜ
上から目線で 文句言われて

日本政府には 金持ち喧嘩せず
という プライドに隠れた
臆病さが 日本国民に
ばれないように

四苦八苦していると思う

その様にしか 見受けられない
情けなさ過ぎる日本の政治家
在日朝鮮人が 日本に帰化するのを
受け入れ続けていることの

結果が いまの日本政府の
過ちの 原因だと
気がついていない日本人の
負け だな。

2021/1/20

中国製商品の 危険度  

石綿は、
髪の毛の5千分の1という
きわめて細い繊維状の鉱物。

熱や摩擦、酸、アルカリに強く、
耐久性も高いため、
過去に約1千万トン輸入され、

工業製品や建材などに使用された。

ところが、
発がん性がきわめて高く
吸ってから数十年後に
中皮腫などを
発症する場合もあるため、
「静かな時限爆弾」と呼ばれる。

ニトリやカインズで
販売されている
珪藻土 の バスマットが
すべて 回収されている事実



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ