2021/6/22

打たない方がよい人  

ワクチンを打つべきか、打たざるべきか──

その境目はどこにあるのか。
厚生労働省が優先接種の対象として
指定するのが「基礎疾患」を持つ人だ。

厚労省のリストでは、
「慢性の呼吸器の病気」
「慢性の心臓病・腎臓病・肝臓病」

「血液の病気」「睡眠時無呼吸症候群」
など15項目の基礎疾患が指定されている。

血液内科医の中村幸嗣さんが指摘する。

「ヘビースモーカーで咳が頻繁に出る人は、
COPD(慢性閉塞性肺疾患)という

慢性の呼吸器の病気が疑われます。

肝機能を示すγ-GTPの数値が悪ければ、
アルコール性肝炎や慢性肝炎に
該当する可能性があります

2021/6/17

日本から次々 治療薬?  

新型コロナウイルス感染症の
多種類の変異株が
体内で増殖することを妨げる

「スーパー中和抗体」を特定し、

人工的に作り出すことに成功した

★軽症や中等症の患者の重症化を防ぐ
治療への活用が期待され、
今後、製薬企業と連携し、
早期の実用化を目指す。

新型コロナウイルスに感染し、
重症から回復した患者の協力を得て、
血液から抗体の遺伝子を取り出し抗体を作製。

何種類もの抗体から、
特にウイルス感染を防ぐ能力が高く、
多数の変異株に効果がある1種を選定した。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

富大独自の抗体取得技術を用いて、
従来2カ月以上かかっていた行程を、

世界最速レベルの1、2週間に短縮し、

目的とする抗体を作り出すことができる。

スーパー中和抗体は、
感染力が強いとされる
インド型(デルタ株)を含め、
現在知られているほぼ全ての
ーーーーーーーーーーーーーーー
変異株に効果があることを確認している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★1種類で治療可 

変異株の治療には現在、
数種類の中和抗体を
まぜ合わせて利用しているが、

スーパー中和抗体は1種類で対応できる。

ウイルス感染を防ぐ能力も高く、
富大は現時点で最も理想的な
スーパー中和抗体とみている。

14日に特許を申請した。

2021/6/17

日本から次々 治療薬?  

新型コロナウイルス感染症の
多種類の変異株が
体内で増殖することを妨げる

「スーパー中和抗体」を特定し、

人工的に作り出すことに成功した

★軽症や中等症の患者の重症化を防ぐ
治療への活用が期待され、
今後、製薬企業と連携し、
早期の実用化を目指す。

新型コロナウイルスに感染し、
重症から回復した患者の協力を得て、
血液から抗体の遺伝子を取り出し抗体を作製。

何種類もの抗体から、
特にウイルス感染を防ぐ能力が高く、
多数の変異株に効果がある1種を選定した。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

富大独自の抗体取得技術を用いて、
従来2カ月以上かかっていた行程を、

世界最速レベルの1、2週間に短縮し、

目的とする抗体を作り出すことができる。

スーパー中和抗体は、
感染力が強いとされる
インド型(デルタ株)を含め、
現在知られているほぼ全ての
ーーーーーーーーーーーーーーー
変異株に効果があることを確認している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★1種類で治療可 

変異株の治療には現在、
数種類の中和抗体を
まぜ合わせて利用しているが、

スーパー中和抗体は1種類で対応できる。

ウイルス感染を防ぐ能力も高く、
富大は現時点で最も理想的な
スーパー中和抗体とみている。

14日に特許を申請した。

2021/6/14

接種拒否をさせない政府のやりくち  

 厚労省では、
新型コロナのワクチン接種について、

「予防接種を受ける方には、

予防接種による感染症予防の
効果と副反応のリスクの双方について

理解した上で、自らの意志で

接種を受けていただいています。

受ける方の同意なく、
接種が行われることはありません」
としている。

 ワクチン接種に限らず、
医療行為を受けるかどうかは
自己決定権に属する事項であり、

個人の判断を尊重すべきものだ。

 雇用関係や学校などで
、雇用者が従業員に対し、

あるいは学校の代表者などが

教職員や生徒に対して、
ワクチン接種を強制することはできない。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
また、
ワクチン接種をしないことで

不利益な扱いをしないことは当然だ。

★新型コロナウイルスの
感染拡大を防止するためのワクチン接種が、

ハラスメントを増加させるという

“本末転倒”の結果になることのないよう、

政府は十分に周知徹底し
、監視・対応を行う必要がありそうだ。

2021/6/12

中国の戦略は 人間を殺す  

中国、
武漢のウイルス研究所では

★2013年という早い時期に、

人間に感染可能な

コロナウイルスが、2種類も
発見、分離、培養され、

その全遺伝子配列、
つまりゲノムが

決定されていた‼

2021/6/5

血栓が出来るメカニズム  

つまり、ワクチンを接種した結果、

私たちの体内で作り出された
「コロナのツノツノ」タンパク質は、

いわば田植えされるはずの
苗の状態のまま、
コロナのツノツノたんぱく質が

血管中に流れ出し、それが血栓を作り出す

血中の異物タンパク質の核となって、

深刻な血管病を

引き超すのではないか、というのです。

アストラゼネカのワクチンが
「チンパンジー・アデノウイルス」ベクターワクチン

として作られており、

ベクターワクチンの不可避的な
特徴によって感染細胞が私たちの
免疫によって壊され、

異物タンパク質が
血管中で血栓を作り出すらしい。

★これがおおまかな
メカニズムであるのは、
まず間違いがなさそうです。

 こうなると心配なのは、

血管障害を引き起こしやすい
状態であった場合のリスクです。

必然的にコロナの
「ツノツノたんぱく質」のかけらなどが、
血管内に放出されてしまうなら・・・。

脳血栓でも心筋梗塞でも
狭心症でも、
どのような血管の
目詰まりが起きても、
何ら不思議ではありません。

2021/6/2

実は人体実験の真っ最中  

mRNAワクチンというのは、

非常に簡略化して説明するなら、

単体では悪さをしない(はずの)
新型コロナウイルスの
mRNA=遺伝情報(の一部)を
直接接種し、

免疫をつけさせる
新しいタイプのワクチンです。

 何が新しいのか? 

簡単に言えば
コロナの「ツノツノ」だけを
人間の細胞の中で「栽培」して

私たちの細胞から「生やし」、
■■■■■■■■■■■■■■

それを異物として
認識した私たちの免疫系が
抗体を生産する・・・。

 いわば「人」の細胞から
「オニ(SARS-CoV-2)」のツノを
生やさせるという戦略が、

人類史上かつて存在しなかった。

それを今、現在進行形で

大規模に治験している状態にあります。

2021/6/1

コロナウイルス メカニズム  

「免疫ブレーキの故障」

免疫の働きが正常な状態であれば、
ウイルスの感染に対して免疫応答

(ウイルスなどの外敵に対処する
免疫細胞の一連の反応)
が行われたあと、

免疫細胞たちに
「撤収」を呼びかける細胞がいます。

それが、「レギュラトリーT細胞」です。

ヘルパーT細胞、キラーT細胞と
同じT細胞の一種で、免疫細胞たちを
制御することが役割です。

この細胞が正常に機能していれば、
サイトカインストームも
抑制されたはずなのです。

しかし、新型コロナウイルスに感染し、
重症化した患者の血液中からは、
このレギュラトリーT細胞を含む

T細胞全般が極端に
減ってしまっている
ことがわかっています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ