2016/5/19

輸液点滴の怖さ・・・   

 「酸血症」(アシドーシス)

ブドウ糖配合の高カロリー輸液を
点滴するときは、
ビタミン B 剤も同時投与しないと

「酸血症」を発症し、急死する。

   専門学者ですら、
「点滴は不要」と明言している。
   そして不要な点滴で、
これだけの副作用死が続発している。

「老人は生理機能や予備力が低下し、
代謝障害とかいろんな障害が起きてくる。
病変を持っている高齢者に
輸液(点滴)を行なう時は、より注意が必要」
(『外来における輸液の実際』前出、要約)

   このように高齢者への高速大量点滴は、
まさに”殺人”行為そのものだ。
   原点に戻り、
法律により、経口摂取可能な患者への
点滴行為は厳禁にすべきではないか。

そしてあなたの取る態度はただ一つ。
「口から飲めるので、点滴は要りません」
と決然と拒否することだ。
□□□□□□□□□□□□□□□

ふむふむ。

(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ