2016/5/20

おでん と 添加物  

練り製品メーカーは、
大手コンビニチェーンとおでんの練り製品を
納入する仮契約を結びました。
品質についてのさまざまな取り決めがあり、
それらをすべてクリアできて本契約となります。

当然、練り製品メーカーでは、
仕様に沿った製品づくりを始めました。
しかし、
どうしてもクリアできなかったのが、
「練り製品はおでんの
ダシ汁の中で8時間浮いていること」
という仕様でした。
原料のすり身に★リン酸塩とソルビットを
たくさん使えばいい。(おいおい(ノ_ー;))そうすれば
すり身の比率は下がり、おでんの汁も吸いこみにくくなる。

使った添加物はキャリーオーバーということにしておけば
表示の必要はないから、コンビニチェーンにも
消費者にもわからないよ」★・・・おいおい(ノ_ー;)    



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ