2016/5/2

添加物  

pH調整剤に使われている添加物の中で、
特に問題なのはリン酸塩である。
リン酸塩の過剰摂取は、ヒトの腸管から血液中に
カルシウムが吸収されるのを妨げてしまう。

血液中のカルシウムが不足すると、
血液のpHを保つために
骨からカルシウムが溶け出す。
そのカルシウムが神経細胞内に溜まると、
イライラや神経過敏を引き起こすといわれている。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ