2016/6/13

認知症  

 2011年に
アルツハイマー型認知症の
新しい治療薬として
約10年ぶりに登場した

「メマリー」

★この薬は2015年2月に
怠感や食欲不振をもたらす「肝機能障害」や、
皮膚や目が黄色く変色する「黄疸」の副作用が
追加された。

認知症の薬は、副作用に
気付きにくいという難点がある。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ