2008/11/22

ドッグダンスレッスン。  Dog Dance
今日は久しぶりのドッグダンスのレッスン日。

前回宿題として出されていた課題を
昨日の夜、オレオと一生懸命練習、
なかなか曲に合わせてしてくれないお手おかわりも、
どびゅーんと飛び出してしまうクリープ(ほふく前進)も、
そして一番大嫌いなロール(フセからコロリと一回転)も、
なんとか曲に合わせて一通り出来るようになり、
よしよし!とお教室に向かったわけです。

が、あまりにも期間があいたせいでしょうか、
先生、前回の事なんてもうすっかり頭になく、
「今日から本格的にフリを考えて行きましょう!」と、
気持ちはもう先へ進んでおられる模様。

前回、唸り癖がどうこうってちょっと真剣な話もしたし、
私的にはこの3週間のがんばった成果を見てもらいたかったので、
思わず、「すみません、前回の課題、練習してきたんですけど、
披露しなくてもいいですか…?」と話割り込んでしまいました(笑)


実は昨日の練習で、お手おかわりがなかなか曲に合わせて出来ず、
(曲に合わせて、ハウス(私の股の間に入って)で
 最初は4カウントでお手→おかわり、
 次に2カウントでお手→おかわり→お手→おかわりと続く)
今日一度相談してみようと思っていたのですが、
昨日散々練習したせいか、
すごい勢いで(しかもむちゃくちゃ高く!(笑))
お手→おかわりをきちんとこなし、
先生に「お手おかわり、いいですね〜(笑)」と褒められる程でした!
オレオさん、ようがんばってくれた〜♪


ちなみに昨日より、
曲に合わせて踊る時はトリーツではなく、
オレオ大好きピヨちゃん♪でおなじみ(?)の、
ひよこのおもちゃを使い、
踊りきった一番最後に投げてあげる、という方法をとっております。

フードだとあげるタイミングが難しく、
どうしても「あげる→オレオ食べる」間が必要となり、
曲のテンポからずれてしまうのですが、
ピヨちゃんだとアテンションをとる事もできるし、
曲が終わった一番最後にもらえる!とルールを作って、
それで今のところ文句言わずに最後までがんばってくれてるので、
私としてはとっても楽になりました(笑)



レッスンは課題披露後、バック→バウ→ターン→バックを強化する練習をし、
本格的な振り付けをどうするか、という話になりましたが、
今現在「これで!」と決まっている動きと動きの間がいまいち決まらず、
次回までにお互いに考えてきましょう!という事でレッスン終了。

次回のレッスンまで少しまた間があくので、
その間にオレオとどんなダンスをしたいのか、
じっくりと考えてみたいと思います!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ