2006/7/7

決断。  美容・健康
少し前からオレオの去勢について散々悩んできましたが、
いろいろと考えた上で、7月11日に手術をする事になりました。

なにしろ前犬チョビを飼っていた頃から、
「去勢」なんて事を考えた事のなかった我が家、
問題がある訳でもないのにメスを入れるなんて…との抵抗感が強く、
「どっちがいいか分からないからやめとこか」みたいなところもあったりして。
でもそうやってきちんと結論出さずにうやむやに行くと、
今後も何かの拍子に悩むハメになるのは目に見えてるので、
答えをきちんと出さねばと散々悩みました。

結局、

去勢をする事によって病気予防になる事、
性的ストレスから解放させてあげる事が出来る事、
またそれによって寿命が1年半延びると言われているという事。
しつけにおいてやはり未去勢だと限界があると教室の先生に言われた事、
また私もそれを実感しているという事、
(あまり期待はしてないけど)マーキング行為が減ればラッキー。

そういうメリットを考えて、最終的に去勢手術に踏み切る事にしました。

嫌だと思っていても口に出せないオレオに
申し訳ないと言う気持ちは拭いきれませんが、
ごめんよオレオ、でも我慢しちくりぃ〜(>_<)

ちゃんと笑顔でオレオを手術に送り出して、
笑顔で迎えにいってやろうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなオレオの笑顔が手術した後もちゃんと見れるとよいな。
不安(麻酔のリスクとか)はやっぱり拭いきれませんね…。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/7/8  22:19

 
 ルーシーに避妊手術を受けさせた。掛かり付けの病院では、午後の休診時間に手術をするというので、朝は(た)に通常以上の時間をかけて散歩させてもらい、朝食後にシャワーをした。シャワーの後、例のごとく暴れまくるルーシーを見ていると、この小さな体に開腹手術を受け 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ