なるようになるさ  

こんばんは!

最近、ちゃんと投稿してんじゃん!と、思ったのもつかの間でした。
身体的に疲れて4日ほど投稿できず、そのあとは精神に負担がかかって投稿する気になれませんでした。
でも、なりようになるよね。と、今開き直りました。もうどうにもならないから、せめて開き直って精神的に健康でいきましょう。

さて、今本題を書こうと『さて、』と打ったものの、前置きを打ってたら何を書こうとしたのか忘れちゃいました。笑

まぁ…いいや。

最近の私は、ある種の現実逃避として茅田砂胡さんの小説を読みまくってました。
とは言っても、両手と片足で数えられる程度ですが。
おかげで視力がいくらか下がったようにも感じられる今日この頃です。

視力って、どうやったら回復するんですかね?
あ、手術なんて手段は論外ですよ。怖いから。

…山とか見てたら回復するかな?

でも、茅田さんの小説を読んで視力が落ちても悪くは思わない。男冥利につきる。みたいな。
あの方の本は面白いので読んでみてはいかがでしょうか。私的には『デルフィニア戦記』から読むのをお勧めします。もしくは『スカーレット・ウィザード』ですかね?
これは、アッ●ュ(なんとなく意味のない伏せ方をしたかった)さんが熱意をもって勧めてくれて、しかも貸してくださったので読んだのですが、最高に面白い。
だからついつい金欠なのに買ってしまいました(´∀`)

知ってる方もいると思いますが、私はかなりの飽き性で、同じ小説は滅多に読まないんです。やっぱり、そこまで活字が好きじゃないんでしょうね。
多分一回読んだら満足なんですよね。例え二回目を読んでも数ページで飽きてしまうのが常です。
でも、茅田さんの小説は不思議と飽きないんですよね。
周りの人には気味が悪いかもしれませんが、「うわっ」「ぐはぁ」「やばい」「!!」「ふふ(笑」などは読む際にはオプションとして必ず付きますね。

さて、私の上手くない本の紹介はここまでにして、寝ることにします。

おやすみなさいzzz

いい夢が見られますように。




AutoPage最新お知らせ