2010/8/28

FreeBSD 8.1でacroread9を動かす  FreeBSD

(注: Adobe Readerはセキュリティーホールが結構あるソフトなので、ここで紹介している方法を使う際には充分気をつけて下さい。root権限で使用します。特に問題がなければ、acroread8や/usr/ports/graphics/evince等をお勧めします。)

FreeBSD 8.1のportsからacroread9を入れて、一般ユーザーで立ち上げると、

terminate called after throwing an instance of 'RSException'

なるメッセージが出て、終了してしまう。
rootユーザーだとこのメッセージが出ず、普通に使えるようだ。

で、何が原因なんだろうと探してると、↓のホームページを見つけた。

http://www.eecis.udel.edu/~bmiller/blog/

Solarisでも同様なエラーが出るとのことで、proc_priocntlに対するprivilegeが原因だとのこと。詳しくは知らないけど、要はroot権限ぐらいじゃないとacroread9はうまく動かないらしい。

てなことで取り合えず

/usr/local/Adobe/Reader9/ENU/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/bin/acroread(これがプログラム本体らしい)をsetuidしてみた。

すると、

This is not a supported use of GTK+. You must create a helper
program instead. For further details, see:

http://www.gtk.org/setuid.html

Refusing to initialize GTK+.

なるエラーが出る。今度はGTKやん。GTKはsetuidやsetgidなプログラムは立ち上げないのね。

でどうしようか迷った。
で、sudoを入れた。

# cd /usr/ports/security/sudo
# make install



# visudo



XXXX ALL=(root) NOPASSWD: /usr/local/Adobe/Reader9/ENU/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/bin/acroread
XXXX ALL=(root) NOPASSWD: /usr/local/bin/acroread
XXXX ALL=(root) NOPASSWD: /usr/local/Adobe/Reader9/ENU/Adobe/Reader9/bin

を付け加えた。(XXXXは自分のユーザー名)

これで

% sudo -u root acroread

と立ち上げると、今度は

Adobe Reader does not need to be run as a privileged user. Please remove 'sudo' from the beginning of the command.

と出る。「sudoを使うな」とのことだけど、「えー」と思った。(気持ちは分かるけど)
でもこのメッセージ、どこが出してるのか調べてみた。

で、

/usr/local/Adobe/Reader9/ENU/Adobe/Reader9/bin/acroread

がshスクリプトで、その中でsudoをチェックして出してるらしい。
なのでそこをコメントアウト。

# cd /usr/local/Adobe/Reader9/ENU/Adobe/Reader9/bin
# cp acroread acroread-org
# vi acroread

# Do not allow launch using 'sudo'.
#if [ "${ACRO_ALLOW_SUDO+set}" != "set" -a \( "${SUDO_USER+set}" = "set" -o "${SUDO_UID+set}" = "set" -o "${SUDO_GID}" = "set" \) ]; then
# printf "%s\n" "Adobe Reader does not need to be run as a privileged user. Please remove 'sudo' from the beginning of the command."
# exit 1
#fi

の部分の行頭に上の様に#を入れてコメントアウト。

で、もう一回

% sudo -u root acroread

で立ち上げると、やったー立ち上がった!!

あとは~/.cshrcに

alias acroread 'sudo -u root acroread'

と書けばいいのだけど、でもこれ、根本的なこと何も解決してないやん。

と言う訳で、今後FreeBSD+acroreadはどうなるんでしょうね。

ちなみにこれは素の/usr/ports/print/acroread9での話で、日本語版はまた変わってくると思う。

(ちなみにこの一連の作業はFreeBSD Forumにも投稿しました)
1

2010/8/22

映画「Stand by me」のロケ地  オレゴンのこと

オレゴンにStand by meのロケ地があるのは知っていたのですが、なかなか行く機会がなく、今日初めて行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

Brownvilleという小さな町で、我が家からは車で1時間ぐらい、AlbanyとEugeneの中間ぐらいにあります。

なかなか味のある町並み(とは言えほんと小さな町で、写真のような所はごくわずかですが)ですが、オレゴンにはこういった小さな町が結構あるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、Tree houseがあったと言う木に行って来ました。Tree house自体は老朽化で撤去されたらしいですが…

クリックすると元のサイズで表示します

木のある土地自体も売りに出されていました。

誰か日本人の人が買ったりしないかな…。
ちなみに$345,000(約3300万円)となっていますね。小学校?はすぐ横で、この辺りはちょっとだけ高級住宅街(とは言えほんのわずかな範囲ですが)みたいになっていました。
0

2010/8/21

FreeBSD 8.1Rをインストール  FreeBSD

久々にFreeBSDをXを含めてクリーンインストール。

会社のPCはそれまで6.4だか何かだった。もともと6.1あたりから入れて、Xのbaseディレクトリが/usr/X11R6から/usr/localに変わり、GTKのプログラミングをしていた私は大慌て。これ、結構苦労したと思う。

さて8.1だけど、かなり快適。intelのグラフィックドライバーが良くなったのか、もともとintelのグラフィックドライバーがメインメモリー4GB時にハングアップすると言うバグがあって、2GB(しかもデュアルチャンネルの片方のみ。)しか使っていなかったからか、今回はちゃんと4GBでも動き、X関係の動作が軽くなった。
もしかしたらOS自体も軽量化されてるのかもしれないけど。

ちなみにCPUがプレスコP4-3.0GHzなので、32bit版のi386の方。一度でいいからamd64を使ってみたいぜ。

Firefoxの動作も軽くなり、Flash10も動いてる。ただいつも余分なnpviewer.binが残り、どんどんメモリーを食ってるので、以下のようなスクリプトを使ってkillしてる。

追記: npviewer.binがcore dumpした時に、/tmpに一時ファイルを残すようなので、それを削除するコマンドを追加しました。


#!/bin/sh

corefile=${HOME}/npviewer.bin.core
intervaltime=1

while getopts p:s: option
do
case "${option}" in
p)
parentpid=$OPTARG
;;
s)
intervaltime=$OPTARG
;;
esac
done
shift $(($OPTIND - 1))

while :
do
procstat "${parentpid}" > /dev/null 2>&1 ||
break

if [ -f "${corefile}" ]
then
pkill npviewer.bin
rm "${corefile}"
rm -f /tmp/FlashXX*
fi

sleep "${intervaltime}"
done


これ自体は確か技評の後藤大地さんが書いた物なんだけど、HOMEにnpviewer.bin.coreがある時のみnpviewer.binを全てkillするもので、他にもnpviewer.binのプロセス数を数えてkillするスクリプトもあるが、この後藤さんの方がうまく行ってるので、これを使ってる。
ちなみに~/.xsessionに

damon npviewer_monitor.sh -p $$

と書いて、起動させている。

あと、ちとつまづいたのはacroreadかな。やはりacroread9はエラーが出てきてうまく動かず。これはLinuxでも報告されてるので、仕方ないな…
なのでacroread8を使用。

OpenOffice.org3も快適で、ほんと言うことなし。
YouTubeもOK。

と言うことで、仕事ではまったく不満のないデスクトップとなりました。
0
タグ: freebsd flash10 flash



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ