2010/10/30

jClustを使うにあたって  FreeBSD

jClust(http://jclust.embl.de/)という、フリーで主にjavaで書かれたクラスタリング用のソフトを使っているのですが、Unix系のOSで使う時の注意点。

ソフト自体はhttp://jclust.embl.de/jClust.zipからダウンロードできるのですが、その中に

filtering
rnsc

なるプログラムが入ってます。
これらはそのままでは動かないので、実行属性をつける必要があります。
例えば

% chmod 777 filtering rnsc

ソフト自体は

% sh RUN.sh

で立ち上がるのですが、その中からfiltering, rnscが呼ばれます。
filteringに到っては毎回必ず呼ばれるようで、実行属性がないとFinal resultsが見れません。

ちなみにこれらはLinuxのバイナリのようで、Linux他、FreeBSDの様にLinux EmulatorがあるOSはいいのですが、その他のUnix系OSではsource code C/にあるファイルをコンパイルする必要があるようです。

ちなみにMakefileもないので、自分でどうにかコンパイルしなくてはならないようですが。

とりあえずjClust本体のスクリーンショットはこんな感じです。↓

クリックすると元のサイズで表示します

最初にFile - Load Fileでundirected graphの辺をだらーと書いたファイルを読み込まなければなりません。

おそらく今まで私が探した中で、一番分かりやすいクラスタリングソフトだと思います。

あとのはドキュメントも何もないのが大半で、使い方がわからん…
1
タグ: jClust Spectral Clustering

2010/10/29

ハロウィーン  オレゴンのこと

もうすぐハロウィーンです。

新聞に載った、ハロウィーンの飾りがすごいと言う家に行ってみました。
我が家から車で15分ぐらいの所です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、結構すごかった。
これ、大半の飾りが自家製の手作りだそうです。

どうでもいいけど、今回の写真はNikon D40 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gで撮ったのですが、真っ暗闇の中でも結構きれいに撮れるもんですね。
ちなみにPモードでISO1600固定です。(あとは知らん)
0

2010/10/26

Vistaが起動しない  FreeBSD

Toshiba A205-S4777というノートパソコンにWin VistaとFreeBSD 6.2-Stable(自作965GMパッチ付き)が入っていたのですが、やっぱ最新のFreeBSDがいいやということで8.1Rを入れたのはいいのですが…、

Vistaが起動しなくなってしまった…

具体的にはwinload.exeが見つからない、壊れてるとかのエラーなんですが、ってか同じことが6.2入れた時にも起こったけど、その時はVistaのCDでリカバリーを選ぶだけでよかったのだけど、今回は「Vistaを再インストールしなくてはなりません、再インストールしなくてはなりません」と何度も同じメッセージが出てくる。

さすがにもう2年も使ってるので、クリーンインストールは避けたい。

で、何とかうまくいったので報告。

まずWindows Anytime UpgradeのCDを入れ、立ち上げる。
この時「修復」オプションを選択する。しかし実際には修復すべきWindows(のパーティション?)が見つからず、何か色々メニューが出てくる。

そこで「自動的に問題を解決(?)」みたいな(確か一番上にあった)のを選択し、なんとかさせる。
残念ながらWinは解決法を見つけることができず、終了。
またメニューに戻ったところで、シャットダウン。

で、もう一度マシンをWindows Anytime Upgrade CDから立ち上げたところ、何と今度はWindowsのパーティションが見えるようになってる。
そこですかさず確か「起動できるようにする」みたいなオプションを選択する。
一瞬で終わり、再起動したところ、

やった〜、Vista起動した〜!! ^_^

まあおそらくFreeBSD 8.1をインストールした時に付属のBoot Managerも新たにインストールしたのが原因だったんだろうと思うけど、もう既にBoot Manager入っていたから、インストールする必要なかったんや。
これさえしなければ多分Vistaは普通に立ち上がっていたであろう。多分。

てな訳でWindowsのことはよく分からんけど、何とかうまくいったので、よかったよかった。めでたしめでたし。
0
タグ: winload.exe freebsd

2010/10/23

深まる秋  オレゴンのこと

秋が深まってきました。

日本ほどではありませんが、オレゴンの木々もそれなりに紅葉し、この時期には結構綺麗な景色が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

オレゴン州立大のシンボルカラーは「オレンジ」と「黒」で、レンガ造りの建物が多く、赤く紅葉した木々と見事にマッチしていたりします。

もう間もなく雨季に入ります。
0

2010/10/7

おはぎ  オレゴンのこと

妻がおはぎを作ってくれました。

おはぎなんて何年ぶりかです。前いつ食べたのか覚えてない。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかった。
0

2010/10/6

Panasonic ES8103S  

新しいシェーバー、Panasonic ES8103Sというのを買った。

クリックすると元のサイズで表示します

うん、なかなかいい。と言うか、今まで持ってたシェーバーで一番いい。
値段は$72。通常は$82ぐらい。

モーター速い。深剃りしてもひりひりしない。

それまで持っていたのはブラウンのものばかりで、初代ブラウンは15年ぐらい持ったものの、モーターが動かなくなってしまった。

2代目は初代と並行して使ってたのだけど(ドイツ勤務の時に220V対応の物を買う必要があったので)、刃が荒く?薄いひげの自分には向いていなかったようなので、あまり使わなかった。(あまり剃れなく、深剃りしようとすると皮膚がヒリヒリする)多分まだ動くと思うけど、刃も古いので…。

3代目は親から譲り受けたもので、おそらく2万円ぐらいはした物。高価だったが、貰って2年ぐらいで壊れてき、きちんと本来の性能を発揮して使うのが困難になってしまった。(小さな部品がころころと取れていった…)

と言う訳で新しいシェーバーを探していたのだけど、元々初代ブラウンが壊れた時に、たまたま帰国していて寄った大阪ヨドバシで勧められたのがパナソニック。リニアモーターが抜群に速くて、剃り心地が圧倒的に良いとのこと。

そんな訳でめちゃくちゃ高くなく、それなりの値段でリニアモーターで、評判のいいパナソニックを物色していて見つけたのが、ES8103S。

たまたま普段の値段より$10オフなのを見つけて、インターネットで注文。

感想。
さっきも書いたけど、ヒリヒリしない。
モーター速い。
よく剃れる。
実はコンセントにつなげたままでは使えなく、充電池のみでの使用となるのだけど、充電池の持ちが意外にいい。今のところ一回の充電で2週間ちょいぐらい。

問題はコンセントにつなげたままでは使えないということで、もしかしたら本体の寿命は電池の寿命にかかってくるかも知れない。
なのでそんなに寿命が長いわけじゃあないかもなあ…。

でも取り敢えずのところは満足。
なかなかいい。
0

2010/10/2

Ipoptのderivative checker  プログラミング

詳しいことは

http://www.coin-or.org/Ipopt/documentation/node53.html

などを見て頂くとして、Cの場合だと

AddIpoptStrOption(nlp, "derivative_test", "first-order");

あるいは

AddIpoptStrOption(nlp, "derivative_test", "second-order");

でチェックできる。
何かconstraintsがおかしかったり、収束しなかったりしたらこれでチェック。

やっぱ収束するはずなのに、変なエラー(EXIT: Restoration Failed!か何か)がでて収束しなかったので、色々試したらやっぱプログラムミスだった。

ガーン。
0
タグ: Ipopt C

2010/10/1

Phone Powe - 2週間経って  コンピュータその他

VoIP(インターネット電話)をVonageからPhone Powerに切り換えて、2週間が経った。

で、感想としては

・国内はおおむねOK。ただし相手が携帯電話だと音が途切れ途切れのような、音質が悪い時がある。
・国際電話はこちらから日本に2回かけ、日本から1回かかってきたが、最初にこちらからかけた時はうまくかからず、何か「かかりません」みたいなメッセージが流れる。ところが何回も同じ番号を押しているうちに、ようやくかかる。原因は不明。
2回目に妻が日本にかけた時は、最初すごいのイズがのっていて、音質が非常に悪かったそうだが、すぐに書け直したところ、正常になったとのこと。
日本からかかってきた電話は別に問題はなかった。

と言う訳で、国際電話に関してはもう少し様子見。めったに使わないが…。
国内に関しては合格と言ったところ。

ちなみにVonageを止めるとき、Vonageのオペレーターが何とか引き止めようと色々あれこれ言って来たり、最初のオペレーター(2回かけた)なんかはかなり意地悪なことを言ってきたり、少し参った。
気持ちは分からないでもないけど、少し酷かった…

まあPhone Powerで電話代が節約できるので善しとしよう。
0
タグ: VoIP アメリカ 体験



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ