2013/1/31

OpenRTMFP / Cumulusのインストール  FreeBSD

RTMFP用のサーバーを担ってくれるオープンソースなCumulusをFreeBSDにインストールする。
portはないので野良ビルドだけど、簡単。

まず依存関係のpoco, luajitをportsから入れる。

# cd /usr/ports/devel/poco && make install
# cd /usr/ports/lang/luajit && make install

他にもあるんかも知れんけど、うちはこれだけが足りなかった。

続いてhttps://github.com/OpenRTMFP/Cumulusから最新ソースを持ってきて、

# cd CumulusLib && gmake
# cd ../CumulusServer && gmake

これでOK。ただgmake installなオプションがないので、実行ファイル、ライブラリー等は自分で/usr/local等にコピーする必要がある。
0
タグ: RTMFP Cumulus FreeBSD

2013/1/26

FreeBSD + VLC + RTSP  FreeBSD

FreeBSD + VLCでRTSPプロトコルにアクセスする時に注意点!

portsでvlcをインストールする時に、↓のような画面が現れるのだが、

クリックすると元のサイズで表示します

ここで「LIVEMEDIA」をONにすることを忘れないように。
これでlive555とかもインストールしてくれて、やっとRTSPなプロトコルにアクセスできるようになる。

知らなかったので、少しはまった。
0
タグ: RTSP VLC live555

2013/1/26

FreeBSDでDarwin Streaming Server  FreeBSD

FreeBSDにportsからDarwin Streaming Serverを入れてみた。

まず

# cd /usr/ports/net/DarwinStreamingServer && make install

でインストール。
で、最後にこんなメッセージが現れるので、

o Set up DSS Administrator Username/Password.

$Username$ is an account for DSS Administration, e.g. admin, root, etc...

# qtpasswd -c $Username$
# echo admin: $Username$ > /usr/local/etc/streaming/qtgroups

NOTICE: qtpasswd will create new file with -c option. Please
see also `qtpasswd -h'(mostly same as htpasswd).

NOTICE: qtgroups file will contain user(s) separated by white space
of group(s).

o Set up SSL for DSS Administration Tool (If you need)

Install your SSL Keys to /usr/local/etc/streaming/
streamingadminserver.key: SSL Private key
streamingadminserver.pem: SSL Public key

o Boot DSS Administration Tool

# echo 'streamingadminserver_enable="YES"' >> /etc/rc.conf
# cd /; env - /usr/local/etc/rc.d/streamingadminserver.sh start

(*NOTE*)Darwin Streaming Server will run together.

o Set up DSS Administration Tool with MSIE(Microsoft Internet Explorer)

Mozilla, Netscape4/7 and Opera etc... are not useful. DSS Administration
Tool requires MSIE(4.5 and later) J-Script feature.

http://YOUR.STREAMING.SERVER:1220/

If you need SSL, select 'Secure Administration (SSL)' in this setup.
After setup, you can access to

https://YOUR.STREAMING.SERVER:1240/

言う通りに従う。

そしてウェブブラウザーを開いてhttp://server名:1220にアクセスして、上で作ったユーザー名、パスワードでログインする。

その後なんかMP3関係でパスワードを求められたり、何か質問に答えなければならないが、ちゃんとしてそれで終わり。

インストールは簡単だった。
0
タグ: Darwin RTSP Apple

2013/1/5

FreeBSD IPFW + Kernel NAT  FreeBSD

意外に情報が少ないFreeBSDでのkernel NAT + ipfwの設定。
natdの情報は多いんやけど。

と言う訳でルーター兼インターネット&イントラネットサーバーの設定に挑戦してみました。正直、ipfwの設定も完全に理解しておらんのやけど!
参考にしたサイトは
http://www.freebsdonline.com/content/view/725/531/

#!/bin/sh
cmd="/sbin/ipfw -q"

# WAN interface
wan_if="fxp0"

# LAN interface
lan_if="em0"

# Flush all rules
$cmd flush
#$cmd pipe flush

# Allow on localhost
$cmd add 10 allow ip from any to any via lo0

# Deny on 127.0.0.0/8
$cmd add 11 deny ip from any to 127.0.0.0/8
$cmd add 12 deny ip from 127.0.0.0/8 to any

# Allow access from LAN
$cmd add 30 allow all from any to any via $lan_if

# Block some accesses from internet
$cmd add 500 deny all from any to me 20,21 # ftp
$cmd add 510 deny all from any to me 137,138,139,445 # samba

# NAT
$cmd nat 1 config if $wan_if reset
$cmd add 1010 nat 1 all from 192.168.0.0/24 to any via $wan_if out
$cmd add 1020 nat 1 all from any to me via $wan_if in

$cmd add 10030 allow ip from any to me
$cmd add 10040 allow ip from me to any


取り合えず動いてるからいいけど、マジであってるんか心配だわ…。
本当はもっと細かく設定した方がいいんだろうけど、大変やわ。
0
タグ: カーネル NAT ipfw



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ