2014/1/30

vim + javac + "エラー: この文字は、エンコーディングUTF8にマップできません"  プログラミング

FreeBSDでjavaのプログラムを書いてる。
で、xterm + vimで書いてるのだけど、何か

javac xxx.java -encoding UTF8

でコンパイルすると、「エラー: この文字は、エンコーディングUTF8にマップできません」とか言われる。なんでや。
ちゃんとLANGもja_JP.UTF-8になってるし、"-encoding UTF8"も付けてるで。

で、どういうことかと思ったんだが、ふとEclipseを開いてxxx.javaの日本語の部分を編集して、ちゃんとコンパイルが通ったのを確認してからもう一度vimで書いてみたら、エラーが出なくなった。

きっと最初にvimが正しいエンコーディング(UTF-8)で出力してなかったんかなと思う。
で、一旦ちゃんとしたUTF-8な日本語が混じった(Eclipseで編集された奴)のをvimで開いて、ようやっとvimが「ああ、これはUTF-8な日本語が入っているからちゃんとUTF-8でセーブせなあかんな」と判断したのではないかと思う。

完全に想像やけど。
0
タグ: ja_JP.UTF-8 vim java

2014/1/18

FreeBSDでKerberos  FreeBSD

FreeBSDでKerberosサーバーを作ろうと思った。
でもKerberosの仕組みもよく分かってないので、なんかはまった…
設定は誰もが見るであろうhttp://www.freebsd.org/doc/handbook/kerberos5.htmlを参考に行ったのだが、クライアントからtelnetでアクセスすると、

Kerberos V5: mk_req failed (No such file or directory)

と言われて、Kerberos認証が使えない。
なんせKerberos理解してないので、よくわからん。

そこで色々やって、クライアント側で

% kinit ユーザー名

をやってから、もう一度telnetすると、なんとKerberosを使ってパスワード入力もせずにログインできた。

いや、もうKerberos理解すんの、めんどくさいんだよなあ…


For English readers:

The problem

Kerberos V5: mk_req failed (No such file or directory)

by FreeBSD + Kerberos + telnet can be resolved by doing

% kinit XXXX
(XXXX is a username)

on the client side.
Once you did it, then telnet.
You will be able to log in without a password.
0
タグ: kerberos freebsd



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ