2016/4/6

FreeBSDでemscripten  FreeBSD

CプログラムをJavaScriptに変換するemscriptenをFreeBSDで動かす方法。適当。

まずはfastcompをビルド

# git clone https://github.com/kripken/emscripten-fastcomp.git
# cd emscripten-fastcomp/tools
# git clone https://github.com/kripken/emscripten-fastcomp-clang clang
# cd ..; mkdir build; cd build
(ここの時点で注意。もしかしたらFreeBSDデフォルトのclangではmakeの途中でコアダンプするかもしれないので、下記参照)
# cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/emscripten-fastcomp -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DLLVM_TARGETS_TO_BUILD="X86;JSBackend" -DLLVM_INCLUDE_EXAMPLES=OFF -DLLVM_INCLUDE_TESTS=OFF -DCLANG_INCLUDE_EXAMPLES=OFF -DCLANG_INCLUDE_TESTS=OFF ../
# make all install

これで時間がかかるけど、/usr/local/emscripten-fastcompにインストールされるはず。

ちなみにFreeBSD 10.2-Rに入っていたclang-3.4(だったと思う)では途中コアダンプしたので、clang37とか38をportsから入れ、

# setenv CC /usr/local/bin/clang37
# setenv CXX /usr/local/bin/clang++37

とかしてからcmakeした。

次にemscripten。

# cd ../..
# git clone https://github.com/kripken/emscripten.git
# cd emscripten
# ./emcc -v

何かメッセージが出るので、~/.emscriptenの中の"/usr/bin"の所を"/usr/local/emscripten-fastcomp/bin"に変更。
再度

# ./emcc -v

エラーメッセージが出なければOK。
0
タグ: emscripten fastcomp



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ