2010/3/23

シアトル  徒然

ポケモンカード、ワシントン州チャンピオンシップトーナメントのため、シアトルに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊した所は有名なSpace Needleという塔の近く。ちなみにポケモンの会場はその塔のすぐ傍でした。

トーナメント当日は天気も良く暖かかったため、シアトルにはいいイメージができましたが、翌日の観光日はあいにくの空模様。(妻と娘はトーナメントの日に少し観光しましたが)

クリックすると元のサイズで表示します

Space Needleに登ったのはいいものの、小雨と寒さの中、こんな感じに↓

クリックすると元のサイズで表示します

でも海の方へ行ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

スターバックス1号店に行ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

(本当のスターバックス1号店は焼けてしまって、今のは建て直したものだと近くの果物屋さんに教えてもらいましたが…)

日本食のスーパー宇和島屋さんに行ったりと、それなりに楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します

シアトルの事何も知らなかったのですが、色々と楽しめました。

帰りは約4時間のドライブ。結構交通量が多かったのですが、順調に帰宅。

帰ると、ペコとミュウが待っていました。
0

2009/12/5

やっと学期が終わる…  徒然

9月終わり頃に始まった秋の学期がもうすぐ終わろうとしています。
来週は期末試験の週ですが、私は自由研究のようなものをすることを選択したので、期末試験は受けずに済みます。

あー、疲れた。Information Theoryと言う授業で、確率とかエントロピーとかを使うのですが、結局エントロピーってどうやって使うねん。何か応用がうまく見つからなかったんですが、自由研究ということで色々調べていくうちに、結構エントロピーって使うもんなんですね…。

で、ちょっと疲れていたので、適当にエントロピーに関して色々流し読みしていたのですが、そこで「ボルツマン」と言う人に行き当たりました。この人は「熱とは何か?」、「圧力とは何か?」を解明した人らしいのですが、輝かしい功績とは反対に、自殺してるんですよね。物理学者で哲学者。そしてピアノまで弾くという、たいそうな人に見えるのですが、それでも自ら命を絶ってるんですよね…。

私なんかこんな華々しい功績を上げたら、元気に好きな事をして余生を暮らして、生活費なんか気にせんと生きていこうと思うんですが、どうしてこういう人生を歩むことになったのでしょうか?

そんなことを考えながら、結局私は自由研究を一生懸命しなければなりません。
ああ、大変や…。
0

2009/11/27

Thanksgiving  徒然

今日はThanksgiving Day。日本で言う正月のような祝日で、親戚が集まってご馳走を食べたり、色々します。
親戚縁者が誰もアメリカにいない私達は、特にすることもなくぼーっとしてました。私は久々に休んだって言う気がします。

街に出てみると、ファーストフードですら休みの所も多く、大抵の店は閉まっていました。
最初はケンタッキーでも行って七面鳥の変わりに(Thanksgivingには普通、七面鳥を食べる)チキンでも食べようかと思ったのですが、開いておらず。○| ̄|_

まあこんな感じの休日なのですが、翌日はBlack Fridayと言って、朝早くから開いている店が多く(朝5時開店とか)、特価日となります。
こういうのを見ると、欲がどんどん沸いてきて、私などは買わなくていい物まで欲しくなってしまいます。
それでも買った方がいい物は買っておいた方がいいので、まあ一応朝から買い物に行こうかなと思いますが、あまり欲が突っ走ると、感覚が麻痺してしまうので、こういう特価日というのも考えものですね。
総合的に見るとどうなんでしょうね、こう言うの。

まあそれでも行って来ます。

そういや何年か前は、オレゴンの田舎道を抜けてハードディスクを買いに行ったなあ。途中クルミを売ってる農家が多くて、クルミ欲しかったけど朝早過ぎて買えなかったなあ。
ああいうのだったらのんびりしてていいけど、街中のはやっぱちょっと怖そう。
0

2009/11/18

P2Pネットワーク  徒然

P2Pネットワーク。聞いたことがあるかも知れません。
P2Pネットワークとは、サーバ・クライアント方式とは違い、ユーザ同士でデータ交換を行うネットワークのことを言います。
サーバ・クライアント方式というのは、通常インターネットで使われている方法で、ウェブブラウザ等でhttp://xxx.xxx.xxxftp://xxx.xxx.xxx等にアクセスして、普通にダウンロードする形式のことを言います。
方やP2Pですが、どこの誰かは分からない?ユーザ同士が集まって、持っているファイルなどを直接交換するもので、どこがサーバ、どこがクライアントと言った決まりがありません。誰もがサーバ(提供者)あるいはクライアント(ダウンロードする者)になる訳です。

さてこのP2Pですが、並列分散処理の世界では結構大きな研究対象になっており、実際のその使われ方はさておき、多くの論文が次から次へと書かれています。どうしてでしょうか?それは分散処理の観点から見ると、典型的な分散システムだからです。
誰もが自由にP2Pネットに加わり、好きな時に出て行ける。そんな中でデータを効率よく保持するとか、ファイルをうまく検索するするというのは、結構難しいものです。もちろん皆好き勝手に振る舞います。
そんな中でうまく機能するアルゴリズムが作られれば、他のどんな分散システムでもうまく機能するだろうとのことで、P2Pが大きな研究対象になっているのは頷けます。

しかしP2Pの実際の使われ方はどうでしょうか?皆さんもP2Pと聞くと、あまりいいイメージがないかも知れません。私もそうです。実際には違法ダウンロード(違法データの交換って言った方がいいのかも知れませんが)、ウィルスの巣窟と言ったイメージの方がでかいと思います。
実際そうだと思います。P2Pを利用する人たちは、「ただで何とか映画が見れないか。ただで音楽がダウンロードできないか。」と、そういう風な動機で利用しているのが大半じゃないかと思います。だから色々問題が起きるのではないかと思います。

こう言った訳で、私もP2Pに関する研究をしているのですが、どうしても実際のP2Pだけは使う気になれません。『P2Pを使ったことがないのに、研究なんてできるの?』って思われるかもしれませんが、実際もう論文も書いてしまったし、何とかなるもんです(笑)。

このP2Pですが、それでも将来大きな役に立てそうなこともあります。大きなデータを世界中に分散して、効率良くそしてデータがなかなか失われないように、しかも安全で、という観点から研究されていることも多いです。アメリカのある電話会社なんかもこんな観点から研究しているようです。(多分です)

いつかどこかの国にあるデータがなくなっても、どこか別の国のマシンから情報を取り戻せる、そんなことが大切になる日が来るかも知れません。そんな研究をちょっとでも続けられればな、と思います。
0

2009/11/12

Veterans Day  徒然

今日はVeterans Dayでした。

私の会社は一応休日だったのですが、会社に行ってみると、ビルの駐車場の半数以上のスペースが埋まっており、すべての機関で休みとは限らない日のようです。
アメリカはそんな休日なのかどうなのかはっきりしない日がちょくちょくあります。ちなみに今日は子供たちの学校は休みでした。
独立記念日やクリスマスのように、絶対に皆(サービス業は除く)休みだ、という休日もあるのですが、その他はあやふやなものが多かったりします。

Veterans Dayはwikiにも書いてあるように、退役軍人を称えるための祝日だそうです。
その他Memorial Dayのように、アメリカには戦争にまつわる記念日がが多々あるように思われます。

さてここで何かおかしいと思われる方もおられるかも知れませんが、これらの記念日は基本的に「軍人を称える、軍人を追悼する」等の、どちらかと言えば戦争を肯定する?考えが基本になっており、「戦争の過ちを繰り返さない。」等の戦争の悲惨さを訴える要素が含まれていません。
なぜなのでしょうか?
それは私にも分かりません。

確かにアメリカにも戦争の悲惨さを訴える人も大勢います。でも現状を見ると、気に入らない国家、集団を見ると、やっつけに行かないと気が済まないのがアメリカと言わざるを得ないでしょう。

下の写真は去年、私の学校で撮られたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

白旗が2003年3月以降、アメリカ・イラク戦争で死んだイラク人の数、赤旗がアメリカ人の数を表しています。(共に×5した数が実際の数字。イラク人に関してはそれ以上。詳しくは私の大学の学生新聞の記事をご覧ください。)

正直言って止めようや、アメリカ。人殺すの。絶対恨み買うし、いいことないって。何で人殺すの?
それで世界のリーダーって言ってて恥ずかしくないのかよ。

まあそんな感じなのですが、まあわざわざ人の国行ってドンパチしてる間は無理かな、そんな気がします。寂しいもんです…。
0

2009/11/11

Oregon State University  徒然

去年の春から、働きながらOregon State Universityと言う所に通っています。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家から大体1時間ぐらいかかる所にあります。
フルタイムで働きながら、パートタイムで学生というのも結構きついです。特に今学期(1年4学期制で、秋の学期)は授業もあり、忙しいです。
しかも今学期の授業は、学科の中でも一番難しい授業の一つと言われているぐらいで、正直ついていくのも大変です。で、宿題もかなり難しかったりします。宿題一問やるのに、まる一日かかったり…。

仕事自体は大学の研究と重なるのでいいのですが、宿題がはかどらないと、研究の方が滞ってしまいます。

思いっきり集中して宿題をして、一時間ドライブして学校行って授業を受けて、必死に授業にしがみつくようにして、その後研究のことで指導教官とミーティングして、薄暗い道をまたSalemに向かって帰って…。帰り道の頭の中は、宿題のことと今後の研究のことで頭がいっぱい。
かなーり、疲れます。帰り道なんて、「ほんまに帰れるんかいな」とか思ってしまいます。
そのおかげか、もともと痩せていたのが更に少し痩せたようです。ちょっと前まで穿けなくなっていたズボンが穿けるようになってしまいました。

専門はコンピュータサイエンス、研究分野は並列・分散処理。研究と言っても会社の利益に繋がるようなアイディアは全く出てこず、ほんまにこのままやって行って大丈夫なんかいなと時々思います。まあそれでも会社は「好きなようにやってくれ」と言ってるし、利益に繋がる研究の方が稀だしな、あはは、と適当にごまかしながら、学校に通っています。

家に帰ってご飯を食べて、ポケモンカードをしたり、パソコンを見ながらゆったりしていると、「そこまで頑張らんでもええんちゃうんかな」と時々思います。
そうかも知れないね、そう自分に言い聞かせて、また次の一日が始まります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ