2010/10/1

Phone Powe - 2週間経って  コンピュータその他

VoIP(インターネット電話)をVonageからPhone Powerに切り換えて、2週間が経った。

で、感想としては

・国内はおおむねOK。ただし相手が携帯電話だと音が途切れ途切れのような、音質が悪い時がある。
・国際電話はこちらから日本に2回かけ、日本から1回かかってきたが、最初にこちらからかけた時はうまくかからず、何か「かかりません」みたいなメッセージが流れる。ところが何回も同じ番号を押しているうちに、ようやくかかる。原因は不明。
2回目に妻が日本にかけた時は、最初すごいのイズがのっていて、音質が非常に悪かったそうだが、すぐに書け直したところ、正常になったとのこと。
日本からかかってきた電話は別に問題はなかった。

と言う訳で、国際電話に関してはもう少し様子見。めったに使わないが…。
国内に関しては合格と言ったところ。

ちなみにVonageを止めるとき、Vonageのオペレーターが何とか引き止めようと色々あれこれ言って来たり、最初のオペレーター(2回かけた)なんかはかなり意地悪なことを言ってきたり、少し参った。
気持ちは分からないでもないけど、少し酷かった…

まあPhone Powerで電話代が節約できるので善しとしよう。
0
タグ: VoIP アメリカ 体験

2010/9/16


我が家は今の家に引っ越してから、ずっとVonageというVoIP(インターネット)な電話を使用してきた。
回線にはComcastというケーブルTVのインターネットを使っているため、普通の電話回線は使っていない。

しかし少し品質に問題があって、どうやらComcastがVonageで使用されているデータパケットを落としたりしている可能性がある(らしい)。これは結構インターネットフォーラムなんかでも問題になっていて、我が家の電話も音声が途切れ途切れにしか聞こえない時や、電話がかからない時があった。

面白いことに引っ越してきたばかりの頃は問題がなかったのだが、しばらくしてComcastが自分たちで電話サービスを開始してから、Vonageの音声がものすごく悪くなった。
そしてこれも偶然かも知れないが、私が「Salem, OregonでもVonage+Comcastの音声が悪い」とあるフォーラムに書き込んでから、音声がまた元のましなレベルに戻った。
まあ色々と偶然が重なっただけなのか、インターネット上でも色々と憶測が飛び交っているが、電話番号が市内の番号じゃなかったというのもきっかけになって、新しいVoIPな会社を探した。

そこで見つけたのがPhone Powerというもの。ちょうどキャンペーン中で、料金も2年間で$200(実際には他に色々と費用がかかって、$259)と格安だったので、申し込んでみた。
そして今日、インターネットと電話機の中継役?をするフォンアダプターが届いた。月曜発注で水曜着なので速かったと思う。

さっそく我が家のルーターにつないで試してみると、受話器を取った時に「プー」と鳴るのだが、その音に「カチカチカチ」とノイズが混ざる。データが途切れたりしてるのかなと思ったけど、実際に電話をかけてみると、普通に会話ができる。「カチカチカチ」というノイズも通話中は聞こえないようだ。しかもようやくセーラム市内の電話番号になった。(VoIPは基本的にどこの局番でも割り当てることができる)

自分の携帯にかけたり、息子が友達にかけたりして音質をチェックしたが、まあ問題無さそうだ。
今までのVonageは国内500分無料だったのに対して、Phone Powerは5000分まで無料。しかも国際電話1時間無料もついてくる。

GoogleもGoogle Voiceという新しい電話サービスみたいなのを始めたので、これも使ってみたが、これでもいいなと思ったが、まあもう少し様子見だなってことで、とりあえずPhone Powerを使ってみようと思う。

さて、どうなることやら。
0
タグ: voip

2010/1/13

Windows 7で英語キーボードの配列がおかしい件  コンピュータその他

英語版Windows 7が動いてる自作したマシン、今まで日本語キーボードを使っていたのですが、息子が「ゲームしてて効かないキーがある」とのことで、Microsoftの英語キーボードを買ってきて繋ぎ変えました。

で、日本語入力であるIMEが使えるように設定してたのですが、なぜかInput Languageだか何だかで、IMEにセットした時だけキー配列が元の日本語キーボードになってしまうという件。('{'とか'\'とか主にキーボード右側の方のキーを打つと、別の文字になってしまう)

結構インターネットに情報がある様ですが、regieditで

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

のLayerDriver JPNをkbd106n.dllからkbd101.dllに変更したところ、きちんとした配列になりました。
その他OverrideKeyboardIdentifierもPCAT_106KEY→PCAT_101KEYに変更すればよいとの情報もありましたが、これはしなくてもOKでした。

昨年11月頃に新マシンを作った時に使わなくなったPentium4 2.6CとマザボIntel D865PERLは、もう一度残った部品で復活させる予定。
ちょっとメールしたり、ウェブブラウザ使うぐらいならこれで十分だしね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ