2010/4/11

日本の庭園 vs. アメリカのガーデン  庭仕事

春です。
4月に入ってからは雨が多く、寒い日が続いた地元セーラムですが、今日は久々に晴れて、暖かな一日となりました。

となると、大変なのはガーデニング。

本当は放っておいてもいいような庭が楽でいいのですが、そうは行きません。あまりにも手入れのしていない庭は、近所から苦情が来たりするそうで、やはり放っておく訳には行きません。

西洋の庭は(基本的にアメリカの庭しか知りませんが)、自然にあるのもを「いかに自分の思い通りにするか」に重点が置かれているようで、既に自然にあるものをそのままに、あるいは活用してという概念があまりないような感じがします。

例えば「苔」です。

(↓オレゴン州ポートランド、Washington Park内の日本庭園。http://www.s-hoshino.com/f_photo/teien/te_041.htmlよりダウンロードさせて頂きました。)
クリックすると元のサイズで表示します

日本庭園では苔は欠かせない存在だと思います。日本の湿気の多い気候を活かし、自然に生えるものをうまく活用する、そんな代表が苔じゃないかと思います。

ところがここアメリカでは苔は完全悪者扱い。たまに観賞用の苔もあるのですが、基本的に自然に生えてくる苔は「庭をちゃんと手入れしていない証拠」のような位置付けになってしまうようです。

とは言っても冬に雨の多いオレゴン。芝生にも、そこかしこにも苔が繁殖してしまいます。
夏の間も日陰やスプリンクラーの水がよく当たる所は苔が生い茂ります。

そんな時は苔を殺さなくてはなりません…。
私は苔が好きなのですが、これだけはいつもあまり気が進みません…。
よく京都の祖母の家に行って、中庭の日本庭園に生えている苔を見ては、「かっこええなあ…」と思ったりしていました。

しかしアメリカではそうは行きません。
試しに去年1年間、裏庭の桜の木の下の苔を生えっ放しにしてみたのですが、確かにマッチしないんですよね、西洋的な庭と…
日本庭園風にしたらええやん、と思う方もおられるかも知れませんが、今度は多分家とマッチしないと思います…

仕方がないので、今年の初めに全部Barkという黒い木の屑と言うか、土の様な物に置き換えました…
寂しいなあ…

同じような扱いを受けている物に「落ち葉」があります。
秋の落ち葉って風情ですよね。ところがアメリカでは落ち葉は「すぐに片付けるもの」という立場になっています。
確かにあまり放っておくと、下敷きになっている芝生が痛んでしまうのですが、何か風情も糞もないなあ、て感じがします…。

やはり西洋の庭は「草が生えてはいけない所はバンバン除草剤をまいて草を駆除し、芝生はいつも綺麗に刈っておき、そして芝生の生え際はエッジャーでしっかりと揃えておき、雑草はどんどん殺し、花はばんばん活ける。」的なのが基本なんでしょう。

今では私もすっかりそういう風な手入れをするようなってしまいましたが、手入れをする度に「もっと自然を生かした庭造りができないかなあ」と思います。

ただ最近ではやはりエコブームのせいか、アメリカでも苔が見直されてきているようです。スプリンクラーで水をバンバン消費する芝生よりも、水をあまりあげなくてもいい苔(そういう種類があるのだと思います)などに切り替えようという動きが出てきています。
そういうのが普及するのはいつの日になることやら…。
やはり今はスタンダードなアメリカの方式にのっとっています…。

(↓我が家の桜。散った花びらも風情ですが、アメリカではすぐにこれを片付けるのが望ましいようです…)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/9/12

STIHL Blower  庭仕事

今日はなぜか会社が休みだったので、ここぞとばかりにSTIHL(ちなみに「スティール」と発音するらしい)のブロワーを買いに行った。(店が平日の昼間しか開いていない)

クリックすると元のサイズで表示します

ブロワーは枯葉などを吹き飛ばすものなんですが、今回もSTIHLにこだわった。
ちなみにの真ん中がそのblower。その他、左がグラス・トリマー、右がグラス・エッジャー。

STIHLのブロワー、以外に軽くて持ちやすい。最初はバックパック式のを買おうと思ったけど、バックパック式は最低20lbsの重さで、試しに背負ってみたけど確かに重かった。そこでハンドヘルド式のブロワーにストラップを付けてもらって、買うことにした。

実は市販品の電気式のを持っていたのだけど、やっぱり電気式はコードがネックになって、思った所に行きづらかった。

まあどうでもいけど、もし芝生の手入れをされる方がおられるのでしたら、STIHLをお勧めします。

私も「まあホームセンターで売っているようなのでいいや」と最初は思っていました。で、ホームセンターで売っている芝生手入れ用の道具を買っていたのですが、知り合いのベテランの方から「STIHLとかそういう専門の奴がいいよ。まず物がしっかり作られているし。故障した時に専門店で簡単に直してもらえるし。(ホームセンターの奴はさすがにその場で直してもらうということはないらしい)」と言われて、ちょっとずつSTIHLの物を集め始めました。

結果は正解です。Lowe'sかHome Depotで買ったグラス・トリマーは一日で壊れたし。今回のブロワーもLowe'sかHome Depotで買った奴よりも静かで、振動も少ないし。(そういやトリマーも振動が少なかった)

まあヘビーデューティーな庭仕事をされる方には、「STIHL」お勧めです。

は芝生のトリミングをしているところ。(芝生刈りすぎてちょっと茶色くなっていますが)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ